んで、

ベリーの話 - - ねこ山

相変わらず毎日被害が進行中。

次々と指の太さくらいの枝が折られていくんです。

それも収穫目前のブルーベリーの樹。

毎日チェックするたびに増えている枝折れ。

ほんとにタヌキ? 人間の仕業じゃない???

私だって人に恨まれたり嫌われたりすることは山ほどあるし。

 

でも、

枝の上に残った引っかき傷を見ると小動物のしわざ。

 

がっかりだけど、借金抱えた経営でもないし焦る事も無いし

収穫が少なければ少ないでそれで済ましてしまうから、

これはこれで「しょーがない」と思ってしまう最大の欠点。

しかし、枝を折って果実を食べている感じではなく、ただ単に枝を折って

意地悪をされているようなそんな雰囲気。

それこそが昔からいわれている「タヌキのいたずら」なんだろうか???

大切にしていると思われるものをあえて傷つけてまわる。そんな習性なんだろうか???

ネコにもある、かまってもらえないと「すねる」「はぶてる」といった行動?

そんな「タヌキ」の性質を探り考える日々。

 

そんな疑いのある状態だけど、毎日へろへろ〜っと親しげにやってくるタヌキには

つい優しく接してしまう。

 

「あいつはタヌキなんよ。

 あんたはなんでそんな大ボケなん!!」

 と妻もネコ達も私に訴えている。

 

「ボイセンベリー」の収穫も終盤です。

ブラックベリーとラズベリーの交配種なので、

ブラックベリーよりちょっと香りのいいジャムができます。

毎日収穫して洗って冷凍保存。充分たまったらジャム作りをします。

ことしも「カミキリムシ被害」からまだ復活できてないので少なくて

ジャム瓶30本くらいしかできないかも。

今年から完全にシャットアウトするために4ミリ目網で棚を囲んだので

来年からは収穫量アップをのぞんでます。

傷みが早いので生では出荷できません。

 

当園でのブルーベリーの新人「ピンクレモネード」が赤くなりました。

果実の色は赤より濃くならないそうで、どんな味がするんだろうか?と期待してます。

ケーキやヨーグルトのトッピングに可愛いとおもいませんか?

樹を大きく育ててこれから頑張ってもらいます。

 

この樹の下に行くと、暴走バイクの様にブンブンと虫達が騒いでるんです。

ミツバチやハナバチやチョウチョ、うちの園にも1本野良生えしてますが、

今時期は山のあちこちに咲いてます。

「アカメガシワ」といって、花の香りはいいかんじで、

私はこんな香りの蜂蜜をのぞんでます。蜜源や花粉源としても優秀らしいです。

 

 

 

2週間前に「イラガ」の毛虫にやられ、ちょっと感染しそうな病気の容貌の腕

なかなか治りません・・・。この時期で早くもやられてしまうなんてとガッカリです。

他にも指をドアで詰めたり、ナイフが指に刺さったりとただ今左手は傷だらけ。

 

 

現在そんなところです。

 

 

ブラックベリーの収穫も始まりました。

 

 

本日はこれだけだけど、今から量が増えていきます。

 

すももは今がピーク。

選別袋詰めして納品の時間がないので、今のところ全部ジャム用に処理して冷凍します。

これが大変いそがしい・・・。ただ今毎日この収穫量なので作業は欠かせません。

追熟してしまうのでとにかく早めの処理なので忙しい・・・。

すももは早めに収穫して処理するんです。そうすると皮に酸味が残り

ジャムにした際に美味しく仕上がります。熟れて甘くなった物は使いません。

 

今日はこれだけ収穫したけれど、

今年は宇部市のケーキ屋さん「KULUMILK」さんとこへ納品できるほどの

ブルーベリーはできませんでした。

どうも安定したおいしい物が量できない。

たぬきに邪魔されてるせいもあるけれど、手が回ってないせいもある。

農業に集中しなければいけないということは確かなんだけど。

そうもいかない現実が・・・。

 

 

 

へそ曲がりの定番作業

ベリーの話 comments(0) - ねこ山

ぶるめたべ

今年もこの季節がやってきました。

ブルーベリーの花芽を食べに来る毛虫を退治。

 

どんなに忙しい日であっても毎日最低でも1時間は、

樹を1本1本じ〜っと見つめて見回って、1匹1匹毛虫を捕獲し、日に数百匹の退治。

少しでもブルーベリーの収穫を上げたいと思えばこそ、この作業は欠かせません。

 

そりゃまあ、農薬を使えば一発でそんな苦労はいらなくなるんですけどね。

雨の多い天候の不安定なこの時期は、浸透性のある農薬を使えば長期安心で

毛虫に食害される花芽はなくなって多くの花が咲き、

その花の蜜を吸った花蜂やミツバチはどんどん死んでいき、

それでもやがてたくさんの実がついて、私がそれを出荷する。

そして、その果実を食べた人の身体に蓄積し、身体に病気や不調をもたらす。

 

「虫や人の事はどうでもええし、儲けたもん勝ち」と考えてしまえば簡単な事。

それでも「金儲け」したければそうしますけど。

そういった安易なことができないへそ曲がりの

くそ真面目さが私の最大の欠点です。(-"-;

 

さあ!今日もがんばりましょう!!

 

 

主人が亡くなられて手入れの行き届かなくなった荒れた農地から

春になるとトコトコと私の日当りのいいあったかいベリー園にやってくる毛虫たち。

お隣の土地も買い取って私が手入れすればいいんですけどねぇ。(-"-;

 

 

 

 

 

そして中断

ベリーの話 comments(0) - ねこ山

中断

「レザーカービング??? なにそれ???」

 

って感じで、やはり中断。

 

パソコン仕事が山ほど入ったので1週間は手が付けられない。

 

そしてその上、

新人2018

注文していた新たな苗木が2社から同時に届いてしまった・・・。

見ての通り全くの別品種のブルーベリーが2種類で合計20本。

2年生ってこんなにちびっ子だったっけ?と思うほどまだまだ小さい樹。

将来、当園で役に立ってくれるであろうそれなりの品種たち。

葉っぱの赤い方はすでに4年前から15本育てていてコレならと追加注文したもの。

6年生は立派な大人になってなかなかいい果実をつけてくれます。

葉っぱの青い方は、新たなるチャレンジ。どんな味なんだろう?と期待半分興味半分。

 

これをまずは小さなポットへ植え替えしなければいけないんです。

ポットのサイズを徐々に毎年上げていって、最終的に地に植える計画です。

 

ピートつち

土の準備もバッチリOK! 

あとは時間だけ。 作業中は少し暖かくなってほしいけど・・・。

寒いね、最近。

 

ついでに

いちとぷめ

いちぢくの苗木も購入しました。

普通に販売されてるよく見る品種ではなく、ジャム用・菓子用にと選んだ品種。

「一文字整枝」という方法を勉強してチャレンジしてみます。

 

来週末パソコン仕事が一段落したら果樹の植え替え作業。

レザーカービングはやっぱりできないかもねぇ・・・。

 

かさじぞう

ミツバチの巣箱も冬の準備です。

寒い日はハチ達も巣箱から出て来ません。

溜め込んだハチミツを食べて生活します。

蜂達が凍死しないように巣箱も笠地蔵バージョンへと変身。

この冬を乗り切った群れはいよいよ春に分蜂です。

全部乗り切れたらたくさんの分蜂ショーが見れるので今からすごく楽しみです。

 

イチョウの葉っぱも全部落ちましたね。

いちょう01

黄色のじゅうたんです。

 

あっ!!

 

いちょう02

 

タヌキも毎日来るんですが、こちらはタヌキではありません。

似てるけどうちのポンちゃんです。

彼女たちはいつも私の後について来ます。(^▽^)

 

穴にはまったタヌキの子を助けた事あるんですよ。

長くなるので、その話はまた今度。(^▽^;)

 

 

 

 

ぼちぼち

ベリーの話 comments(0) - ねこ山

台風が今までとは違う逆からやってくるということで、

???どんな感じなのかわからないし、不安・・・。ということで

 

ブルーベリーの色づいた物をすべて収穫する事にした。

今現在の収穫はブルーベリーのラビットアイ系

今年は結局、園の網かけはまったくできませんでした・・・・。(-"-;

でも、当園は鳥も食べきれないほど樹の数も多いし、その分、

実の量も多く収穫量もそこそこありますが、

 

あけびこのはあけびこのはが

うちの園での被害は、鳥よりも果実に穴をあけて吸汁する

「あけびこのは蛾」の被害が多く、毎年これに悩んでます。

「葉っぱ」みたいでしょう。でも「蛾」なんです。

明かりが嫌いだそうなので夜中じゅう全体に明かりを灯せばいいのですが、

そんな大それた規模はとうてい無理・・・。

細かい編み目の網で囲んでしまうしかないのですが、面積が広いので・・・。

 

 

たいふうまえ01

プラス

たいふうまえ02

合計何キロあるのか?

計ってないけど、さてこれをどうするか・・・。

台風あけに生食販売に出したあとのはじいた小さめの物は、ジャム用にします。

ジャム用とはいっても、やはりきれいな形の物でないと入れられないから

それではじかれたものは、廃棄処分。

使う品種によって味は変わるので配合する糖の量の微調整にいつも一喜一憂。

ジャム作りはむつかしいけど、楽しい作業です。

このたびのブルーベリーは、ず〜〜〜〜〜っと雨が降らない状況だったので

そのぶん、味が濃くていい感じです。

 

収穫が終わってから、昨晩の夜釣りの獲物をさばきました。

さかな

チヌは臭みがあるので持って帰っても喜ばれませんが、セイゴは、臭みもなく

美味しいので、そのまま塩焼きにしたり、三枚におろしてムニエルにしたり

私の釣りは食料確保の手段なんです。

船も使ってないから燃料代も使ってないしで、車の横付け

2時間程度でたったの250円の餌代でこれだけ釣れればいいでしょう〜。

まあ、釣りの腕がいりますけれど。(´‐` ○)\(○`ε´○) コラ!コラ!

山畑で魚をさばくと楽なんです。

うろこが飛び散っても魚臭くなっても誰からも叱られないしー、(^▽^;)

水も地下水なのでたっぷり使えますし。

 

緑のカーテン

山小屋の緑のカーテンがしっかりカーテン化してますが、

よく見ると

あかいごーや

あちこちオレンジ色のゴーヤ・・・。(-"-;

 

ひるねごーや

ハンモックで昼寝しているオレンジ色のゴーヤもいまして・・・(・・;)

 

残念です。

あまりのんびりゴーヤを眺めている時間がないし、存在に気がつかなかった・・・。

数個収穫しましたが、いまいち大きさが小さいのでいまさらながらリン酸肥料の追加。

ばっどぐあの

「バットグアノ」。コウモリの糞ですが、りっぱな有機リン酸肥料です。

このゴーヤには、「菜種油かす」「バットグアノ」を与えてます。

ここにも有機栽培のこだわり(^▽^;)

 

やまぶどう

ついでに現在の「ヤマブドウ」

ほったらかしだけど、ずいぶんあちこち沢山実をつけてます。

大学でもっと真剣に「ブドウの栽培」の勉強をしておけばよかった・・・と

今は後悔。

とりあえず、実ったらこれで「山ぶどうのジャム」作ります。

時間に追われて、やりたくてもできなかった手つかずの物がたくさんあるけど、

仕方ないから出来る限りで「ぼちぼち」やっていこうと思ってます。

 

でも、ほんとはちょっと残念です・・・

「性根入れてとことん追求したい」が本音。(-"-;  。

 

 

ところで、台風どこいった???やけに穏やかな。。。

 

 

 

 

 

 

そろそろブラック

ベリーの話 comments(0) - ねこ山

 

ぶるーべりー状況

ただ今ブルーベリーも鈴なりで

しゅうかくじょうきぃおう

摘み取り+選別+出荷と忙しくさせて頂いております。

 

2018ぼいせん

こちらは前座のボイセンベリーですが、

そろそろメインが始まりまして・・・。

そろそろぶらっく

恐怖のブラック企業、いえいえ、ブラックベリーです。

「今年こそはなんとか生果販売したい。」と思いつつも網かけする時間がない・・・。

でも、少しでもと頑張ってみます。

 

あっぷるべりーぱん1

昨日の20日は、山陽小野田市のパン屋さん「アップルベリー」さんのところへ

10周年記念の粗品にとご注文頂いた、当日作ったばかりの35グラム入りミニジャム

こびんのうひん

100本を納品させて頂きました。

数がバラバラになってしまいましたが、4種類。

今年の収穫のもので作りました。

前回と少し糖の配合量を変えた「あんずジャム」

いつも人気の「スモモジャム」が案外おすすめです。

もちろん、「ブルーベリージャム」「ブラックベリージャム」も自信作です。

 

「これ美味しいねぇ〜。」って言って頂きたい。それだけの気持ちで作ってます。

そうそう、材料の果実は、すべてうちのベリー園で私が栽培しているもの。

もちろん!有機質肥料無農薬栽培です!!

 

あっぷべりーぱん2

ここ山陽小野田市の「アップルベリー」さん。

「合成添加物を使わず、素材本来の味を生かしたパン作り」がコンセプトで、

乳化剤や保存料なども使わず作られておられるというパン屋さんです。

それだけでもとても魅力的なんですが、どんな感じのパン作りをされてるんだろう?

という気持ちで購入して食べてみると、ひとつひとつ、とても丁寧な作り

素材たっぷり入って美味しいんです。しかもお安いのも魅力!

私たち二人そろって、「いいねぇ〜。」とお気に入りのパン屋さんとなりました。

近くに行った際はまたお寄りします。

私の大先生、ドイツ菓子の「ティーゲベック」さんの店に比較的近いんです。(^▽^;)

 

 

その納品の帰りに山の畑に寄って、急いでブルーベリーの摘み取りしました!

もう1人の私の大先生、宇部市中村の「KURUMILK」さんへ、

今年初、「ブルーベリー」を納品するためです。

 

クルミルクさん納品

雨の後なので品質がとても不安でしたが、厳選して厳選し、

どでかい500円玉大「チャンドラー」から、

普通サイズで味がジューシーな「ニューハノーバー」や「スージーブルー」など

このたびは全4種類のブルーベリーを納品しました。

後は、KURUMILKさんの腕でどんなおいしいケーキに仕上がるかなぁ〜。

「幸せな子たち、いってらっしゃ〜い!」

と見送りました。 たのしみですねぇ〜。(^▽^) 

明日の金曜日が開店日です!ぜひお出かけを!!! 今週は土曜日も開店みたいです。

 

 

 

といったところで、現在バタバタバタバタしています。(^▽^;)

 

 

 

KURUMILKさんに納品後、私がバイトに行く前の時間に山畑に行っての収穫!

02

↑「ブラックベリー」

01

↑「すもも」「網がけしてない外に放置のブルーベリー」

03

そして↑「樹上完熟梅」「アンズ」「ボイセンベリー」です。

 

 

 

私が「バイトに行っている間にジャムの下ごしらえしといてね。」言うたら、

新入職員は、

 

「え〜、自分の仕事辞めるんじゃなかった・・・」なんて

甘い事言ってます。( ̄ー ̄;

 

農業、そして第6次産業ってのはそんなに甘くはないのさ。

 

「あなた、よく今まで独りでやってたね。」という彼女。( ̄ー ̄)

 

ふっふっふ。ブラック企業を目指してやる!!

 

頭に思い浮かぶのは

「貧乏暇なし」の言葉のみ・・・。( ̄ー ̄;

 

 

「貧乏」っていいんですよ。

「トウモロコシの先物取引」のうさん臭いしつこい電話もかかって来ないし、

「同期じゃ〜ん。友達じゃ〜ん。」と言ってお金を借りにくるヤツも来なくなったし、

(お金、貸しっぱなしなんですが・・・(-"-; )

「借金の連帯保証人になってください。」という話も来なくなったし、

「見栄」を張る事もなくなって、とっても気楽でいいんですよ。(^▽^)/

 

おかげで、あまり「儲ける」って事が、好きではなくなりましたけどね。(^▽^;)

今は「遊び人」と言われようとも、気楽に頑張ってます!!

 

 

 

その翌日22日の金曜日

バイト明けで肝心の私がダウンしまして、丸一日寝てました・・・。

貴重な時間が悲しくて・・・。

でもその間に新入職員が頑張ってくれて、

「昨日の収穫した「アンズ」「完熟梅」「すもも」ぜ〜んぶ下処理終わったよ!」

と。(TmT)ウゥゥ・・・ありがたい・・・。

 

でも・・・

 

その夕方ベリー園での収穫↓

翌日01翌日02

 

「え〜〜〜〜〜!」

っという彼女に申し訳ない・・・。(-"-; 

 

土曜日は再び、私は早朝からバイトなので、また1人で頑張ってもらうしかない・・・。

 

「あともう少しだけ頑張ってね〜。」と言うしかない・・・。

 

どうしましょう???私の今後。

事情があって、このブログでは言葉に出して言えないけれど、

今どうすればいいのか?これでいいのか?

自分の生き方を考えてしまう今日この頃です。

 

 

7月8日(日)に防府市の国分寺前の「すまいる防府」にて

「ブルーベリー祭り」が開催されますのでそれに私も参加させて頂きます。

よそとのバッティングを避けるため、

うちはブルーベリー抜きでほかのジャムのみで行くかも。

「ブルーベリー祭り」なのにね。(^▽^;) 争いは苦手ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーベリー販売開始

ベリーの話 comments(0) - ねこ山

ブルーベリーの収穫そして本格的な販売が始まりました。

まだハイブッシュ系なので、2日に1度で多くて6キロ程度です。

 

私は、草刈りと山小屋の修理と、倉庫の屋根の掃除、

ボイセンベリーの棚の網かけ。そんな事をしている間に

ブルーベリーの収穫を燃えるようにしてくれている助手には、

ほんとうに助かってます。

次の品種のアンズもボチボチ収穫をはじめてます。

 

昨日、とても嬉しいご注文の電話を頂きました!(^▽^)

 

お任せといわれましたので、4種類で作ってみようと思います。

●ブルーベリー

●ブラックベリー

●あんず

あとは、●すももの収穫が間に合わなければ、

●ボイセンベリーで作って来週に持参いたします!

5種類でいけると本当はいいんですが・・・。

 

ちょうど糖を注文したところで、月曜に入るので急ピッチで仕上げます。

 

私たち自身がとても納品を楽しみにしてるんです。

 

ありがとうございます!!(^ ^)/

 

 

 

 

無農薬生活

ベリーの話 comments(0) - ねこ山

働くはち

うちの「日本ミツバチ」たちも元気よく梅の受粉をしてくれてます。

この子たちのためにも、

当ベリー園では、農薬は使用いたしません。

 

で、今年も始まったこの作業。

けむし退治

体長1センチから1.5センチの毛虫。

「マイマイガ」の幼虫かな?と、ずーっと思ってたけど、

どうも「クワゴマダラヒトリ」みたいな気がする。(名前が覚えられん)

 

毛には毒がないので触っても問題はないんだけど、これがまた

ブルーベリーの花芽が大好きで、この時期から毎年大量に押し寄せるんですよ。

モゾモゾモゾモゾけっこう早い速度で木を登ってきて、花芽をムシャムシャとする。

花芽を食べられたら、当然、花も咲かないし、実もつけませんから

根性で毎日毎日の毛虫集め。

すでに今年になって花芽なしの丸坊主にされた木が数本あります。

この作業、毎日2時間かかるんですよ。

木を1本1本じっーと見つめ、枝も1本1本見ていきます。

1日500匹は取ってます。(-"-;

もともとの狩猟本能が掻き立てられてそれほど苦ではないんですが・・・。

貝掘りみたいなもん?(-"-;

 

猫缶の空き缶の中にキンチョールを5秒ほどスプレーし、ブルーベリー畑に向かいます。

この毛虫、指先が近づいたりちょっとでも触れたりすると、

自分の身を守るために「ポトリッ!」と下に落ちます。

その習性を利用して、下に缶を当てといて上から触ると、自然に缶の中に「ポトリ」

こんな感じで小さな小さな毛虫を集めてます。

農家のおっさんたちからしたら、アホみたいな作業。

 

「そげなこたぁ、時間のムダ。

 サイアノックスでもモスピランでもバッ〜!とかけちょきゃ、いっぺんで済ま〜や〜。

 毛虫取りに毎日2時間もかけちょるようじゃ、そりゃ、生活できまぁ。

 農薬をブチまいて、家でゴロンと寝て、屁こいて相撲見ちょったほうがええで。

 農薬使っちょろうが、使ってなかろうが、買う方にはどうせ解りゃせま〜がぁ〜、

 だいたいその辺の人は値段が高いと買ってくれんのじゃけ、手間かけるだけアホ。

 農薬だらけでも見た目が良ぉ〜て安くていっぺえ入っちょったら、ホイホイ買うて行く。

 そねぇな無農薬なんて、この辺の人はだーれも求めちゃおらんし、誉めりゃせん。

 つまらんことにこだわるおめぇ〜は、バカい〜や!

 まあ、わしらは少々汚のぉても農薬使ってないのを食べるけどの。」

 

聞こえてきます。

作業中毎日聞こえてきます。

そんな悪魔たちの声が・・・。

 

あ〜あ。(-"-;

バカでけっこう。

どうせバカじゃし、このまんま毛虫集め続けちゃる!

 

よくもまあ、毎年毎年、こんな大変な作業、わたしもやってるよなぁ・・・。

でも、毛虫が適当に芽かきしてくれて助かると思えば幸せじゃし、

ひとつひとつの木の状態を細かく観察できてこれはこれで大切な時間なんよ。

 

 

それにしても、缶の中に落ちた毛虫はコロリと成仏していくけど、

 

恐るべし「キンチョール」・・・。(・・;)

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM