亀を助けた

雑話 - - ねこ山
23時、バイト先からの帰り道、
トラックの行き交う広い湾岸道路のど真ん中で
大きな甲羅のスッポンが頭を上げておびえる視線で私を見た。
このままでは、車にひかれて死んでしまうのも時間の問題と思い
捕まえて住めそうな環境の川まで運んで逃がしてあげた。

家に帰ってその話をすると妻は

「なんで売りに行かんの?」

たしかに、
上流のスッポン料理屋さんへ持参すると 5,000円はもらえる上物だったが。。。
そりゃできん。そんなことをして得る5,000円なんてまったくいらない。
しかし、それが魚なら平気でできるかもしれないから、不思議なものだ。

夜にニヤニヤ笑顔で寝ていたそうだが、
もしかすると、竜宮城で乙姫様の接待をうけていたのかも。
良いことをすると気持ちがいいものだ。

「わしゃ、こんなとこに住みとうはなかった。」と
スッポンは言っているかもしれないけどね。

いいんだよ、この世は
「自己満足」で生きていて。


動物には優しくするけれど、人にはとても冷たい私に比べて
うちの妻はその逆で、人にはとても評判が良く面倒見のいい人、
だけど動物とはあまり接しないし、だからあまり好かれない。
そんな妻の為にうちの猫たちの記録を残すことにした。
ねこ表示02
みんな野良生まれで拾われものや人に頼まれての貰いものだった。
ずいぶん多くの猫達が仲良くしてくれたもので
よく考えると私が連れて帰ったのは2匹だけ。。。
でも私だけがずいぶんみんなの面倒を見てきた事が、不思議だ。。。(-"-;

そう、うちでは、私が猫好きなんだ。
うちはほとんどメス猫だらけ。

妻も人だけでなく猫にも好かれる人になってくれればいいけれど。。。



 

いいのよ。

雑話 - - ねこ山

警戒心が強く、臆病だといわれている存在が、まだ明るいのに本日もやって来た。

私に何かを訴えている目。

この子はいつもこんな目をして私を見つめる。

 

「ねえ、私のことどう思ってるの?」

「あのとき、私のことを大切に思うって言ってくれてたじゃない。」

「ちゃんと私を見て。」

「私ね、ほんとうは解ってるの。あなたがウソをついてること。」

「でも、いいの。今は私を見てくれてさえいれば・・・。」

 

「でもね・・・。」

 

 

山に行くと私が移動するたびについてくるタヌ子の目が少し怖くなってきた。

 

 

でも。 姿を見ない日は 妙にさみしい。

 

 

 

 

 

せこい愛

雑話 comments(0) - ねこ山

気づかぬうちに出て来るタケノコ

ちょっと出過ぎているけど食べれない事もないわけで、充分おいしいサイズ

 

収穫して5分も経たないうちにさばいて山畑にて湯がいていると

なんで、お前が来るん?

甘〜い香りにつられて山からタヌキが降りて来た。

 

確かに米ぬかの匂いはあま〜く美味しそうないいにおい。

 

こんな風に慕われてくると私の心もグラグラ乱れる「禁断の愛」

 

この子を愛してはいけない・・・。

いづれは別れなくてはいけない日が来る、これはちょっとした憧れ、一時の迷い。

 

次の日、スーパーマーケットに行くと、

食パン1斤通常108円が、賞味期限迫りのため半額商品!をみつけ、

買って上げたくなる衝動が湧いて来る・・・。

でもそこは我慢・・・・。いけない いけない。これは禁断の愛

しかも、彼女に対して「半額商品を選ぶなんて、なんてせこい愛なんだ・・・・。」

と、我慢して帰宅すると。

 

 

 

うちには、せこい愛が沢山あふれていた・・・。(-"-;

 

 

 

 

 

そんな私の浮気心も知らずに のん気にテレビに夢中になるうちの「ミーコ」

 

見ているのは、

 

若くたくましいでかいネコ。(-"-;

 

 

 

 

 

一年の計は元旦に・・・

雑話 comments(0) - ねこ山

はつひので

今年の「初日の出」です。

 

すでに日が昇ってます・・・。

そう、出遅れました。(ノω・、) ウゥ・・・

 

そしてその後で行った神社でカメラのレンズフードを落とし無くし・・・

 

 

その日の昼から行った親戚の家へのお呼ばれで

飲み過ぎで記憶を無くし・・・。気がつけば自宅。

後になり、親戚に失礼が無かったかどうか心配で心配で・・・。

何があったかまったく覚えていない (ノω・、) ウゥ・・・

 

元旦早々、なさけない・・・・(ノω・、) ウゥ・・・

 

反省あるのみです。

 

これを心に刻んで

「今年は抜け目なく気を引き締めるように!」

 

がんばります!!

 

 

たていわ02

濁った心を改めるために3日に今年も立岩様、立岩稲荷神社に行きました。

 

たていわ03

おじぞうさん

たていわ01

車を降りてしばらくテクテク歩く山道も静かで

自然の空気や山の神様のささやく声を聞きながらたどり着いた神社も

とても清く静かでいいんですよ。

 

日頃から何かの神様におすがりするとかいう気持ちも無く、

どこかの信者として心底仕えるという気持ちもない私なんですが、

この地に来るとなぜか、

ドロドロと汚れた自分清めて頂けるみたいで

 

そんな場所です。

 

帰りの車の運転を妻に任せて私はお接待でのお神酒をコップ2杯もよばれ。

(´‐` ○)\(○`ε´○) コラ!コラ! 懲りてないんかい!

 

 

さあ!

今年もがんばりましょう!

 

 

 

 

 

 

さて?どうしたものか?

雑話 comments(0) - ねこ山

とめと02とめと01

山小屋の緑のカーテンのゴーヤと一緒に植えていたトマト。

夏の間は、花が咲いても一つも実がつかなかったトマトが

寒くなってから沢山の実を付けはじめまして・・・

 

「何でなん?」と言われても、「知らん。」と答えるしかない。

野菜専攻では勉強してないし、トマトは好きではないので興味がない。

 

そりゃそうと、最近、私の果樹たちが徐々に荒れてきている。

接ぎ木ノーザンハイブッシュ系ブルーベリー7年も育ててきた樹を

今年は3本も枯らしてしまった。

あきらかに手入れが足らない。

 

 

「ため息・・・」

 

 

去年から週3日のバイトをはじめてからというもの時間に余裕がなくて

ゆっくり山作業に取り組む事ができなくなっている。

 

このままでは、頑張って来た果樹園が荒れてしまう・・・。

無農薬栽培はもっとも手がかかる栽培方法。

それなのに最近は山畑に行く時間がなくて、

ネコ達も運動不足ですっかりまるまる肥えてしまった。(-"-;

 

さて、

 

どうしたもんかねぇ・・・。と、

悩む日々。

 

 

 

それはね。

 

びんぼう

 

「貧乏暇なし」って言うんよ。

 

(-"-;  たしかに・・・・。

「働かざるもの食うべからず」って言うしね。(-"-;

 

やるしかないんよ。

 

まあ、私には

 

こうよう04こうよう01

 

こんな豊かな自然風景が自分だけの物。

 

それが貧しい私の幸せ。(-"-;

 

 

 

 

 

考え事

雑話 comments(0) - ねこ山

いつも「能天気」な私でも

近頃は細かい沢山の事をいつも考えている。

あまりにも沢山の事を考えているから、

「何を考えていたのか?」ほとんど忘れている。

 

まあ、そんなもん。(-"-;

 

 

私がしているバイトの仕事内容が人にとってはどう見えてるか?と知って

先日は落ち込む事もあったが、人の評価は気にせずに前向きになろうと考えた。

仕事内容は、市の施設での清掃と接客、庭の掃除や草抜きといった

人によっては鼻で笑う仕事かもしれないが、そうそう誰もが出来る仕事じゃないはず。

「どんな仕事でもプライドを持って働かなくては。」と考える。

 

 

世間の人からするとバカバカしいくらい低レベルなことだけど(-"-; 、

今年は私の産直の店での売り上げ目標を1日に2,000円としているので

今日が足らなければ明日は?そして来月は?そして来年は?

と、つねに埋めて行く出品物が途切れないようにするには何が必要か?

そんなことをメインで考えて、常に戦闘態勢で前を見るようにしている。

新品種を購入するにしても、1万円という安価な仕入れ値ではあるが、

将来性のある品種かどうか?その品種の果実に魅力があるのかどうか?や

お客様の購買欲を誘うために必要なものは何か?ポップ内容は?ラベルデザインは?

ハチミツを安定した供給状態•品質状態にするには、どうすればいいのか?など。

いろんな方向で常に作戦会議を開いている私の大きな頭の中の小さな小人達。(-"-;

 

 

 

いろんな仕事に頼らなければいけない半人前の私の人生だからこそ

考える事はとても多い。

 

でも、考えて行動し、明るさが見えて来た時はとても楽しい。(^ ^)/

 

 

おそらく、そんな生活だから私の事を「能天気」と言う。(^▽^;)

 

 

 

 

 

夢老い人

雑話 comments(0) - ねこ山

にせみみ

私の生活。よその旦那からよく言われるんです。

「ええねぇ〜気楽で。」って。

 

人から見ると、気楽に遊んで生活しているように見えるんですね。

 

でも、これは、私の永〜い永い計画に基づいて、

その都度優柔不断に道を変えながら時には立ち止まり振り返り、

キョロキョロしながら、ダラダラ〜ふら〜りと歩んでるんです。

 

だから、

それを見た目でよその旦那さんは、「自由人でうらやましい。」と思われるんです。

そして奥様方は「うちのがこんな旦那じゃなくて良かった。」と思われるんです。

(^▽^;)

旦那さんたちは、みんな会社や家庭に縛られて生きているんですね。

 

 

 

そもそも私が。ベリー園を造る事をなぜ思いついたのか?と言うと、

一言でいうと「生涯現役を」と考えたから。

 

元々のグラフィックデザイナーという仕事に対して自分の将来性をみたから。

デザインセンスが古くなるという自覚と共に、日々進歩するパソコンのシステムや

ソフトのバージョンアップを大金だして追いかけても仕方ないと見切ったからなんです。

(いや、時代に見切られた感もある(-"-; )

現にそろそろ私のパソコンではOSバージョンが古いため、

ヤフーサービスが使えなくなってしまいますし、すでに宅ファイル便は使用できません。

「老兵は去るべき」と追い払われているみたいで・・・。

OSをアップするためには、パソコンから買い替え、ソフトもすべてアップし、

書体もすべて整えるには100万円以上かかるんですね。

資金のもとを取り返すまで年数かかりますよね。だからもう追うのをやめたんです。

 

そうすると、方向転換は?と考えた際、

好きで得意でいつまでも続けられるのは、そう「農業」なんですね。

でね、農業でもブルーベリーは低くて小さな樹なので、剪定の際に樹に登っていて

落ちてケガをすることもないからと、ベリーに目をつけてもう10年。

おかげさまで、よそに負けず劣らずの物ができるようになりました。

ありとあらゆる品種を購入して育てて、自分と自分の畑に合う品種を探しましたし

現在も追求していますし、つねに地域で一番を目指しています。

 

定年過ぎた年齢からじゃ遅いと思ったので早くスタートを切った状態でして、

おかげで普通の人が定年からはじめた頃には私とは知識も経験も樹の年齢も10年以上の差。

そして、まだまだ私は元気ですから今後の夢は広がってます。

基本的には私のように借金ゼロではじめる自営業が、絶対に正解です。

金利をたんまり取られる借金なんて大間違いだと私は思っています。

だから自分の家はいつまでたっても買えないけど、それでも平気(私だけ(^▽^;))。

お金の支払いに追われる生活じゃないから、気楽でしあわせなんですね。

無理せず、ぼちぼち、少しずつでいいんです。

急に大きくすると地盤(知識と経験)が薄っぺらだから一気に崩れる。

そう思ってます。

 

いいですよ〜。この「のんきな生活」

 

みなさんもぜひ!お試しを。

 

道楽に見える「海の見える小さなベリー園」ですが、

気持ちはめちゃくちゃ「本気」です!(^▽^)/

 

 

その後バイト先にて、大手企業で定年まで働いていた同僚の人の話を聞き愕然・・・。

「えっ!現役の時は給料50万円以上!でボーナスも100万円超え!!」

「で、今は年金をそんなにもらってるんですか!!」

「お金あっても家にいても暇だから、バイトをしているなんて・・・。」

 

全てにおいて私とは大きな差を感じた・・・。

 

やはりどこかで根本的に私は道を間違えたようだ。(-"-;

見事な負け組・・・。

後戻りできない「道」の外し方をしてしまったようだ・・・・。

儲からない自営業は若いうちにさっさと営業停止すれば良かった。

そっか・・・生涯現役ではなく、現役でないと生活できないからからだったんだ。

しかたない。今さら後もどりも再就職もできないし、

貧乏生活生涯現役がんばろう・・・ (-"-;

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM