忙しい日々・・・

日本みつばち comments(0) - ねこ山

いまだにやる事がたくさんあって、ひとりでは無理なので

やっぱり新入職員を雇う事にした。

 

ギフト用

まずは、こちらの注文のあった7種類のジャムのギフトパッケージと京都への発送。

7種類とは、

7種類

●ボイセンベリージャム

●さくらんぼジャム

●いよかんのマーマレード

●すももジャム

●ブルーベリージャム

●ブラックベリージャム

●ちょっとリッチなブルーベリージャム

の7種類。

いっぱい行くので、来週月曜日の周南に持って行く物がなくなってしまった・・・

 

私はというと、本来の仕事。パソコン仕事に集中で、

「祭りだ祭りだ祭りだ祭りだ〜。ふ〜・・・(-"-;

 今年のポスターどうしよう???」とデザインに行き詰まったので

新入職員といっしょに気分転換に出かけることにした。

 

わかめ02

う〜ん。いい景色だ。イヤされる。(^▽^;)

 

「さあ、やるぞ!」

わかめ01わかめ03

そこら中に生えてる「わかめ」そして「めかぶ」の収穫。(^▽^;)

 

こんな美味しい食料が、ただで手に入るなんて、このチャンスを逃す手は無い!

新人には、美味しいわかめの見極めとめかぶの選別、そして

まず「うんち」から探すナマコの捕り方を伝授。

こんな事でも知識と経験が豊富なので、遊び人の私は自信満々。(^▽^;)

 

で、充分な量のめかぶを確保した後は、山の畑に行き

こちら↓の作業を手伝ってもらう。

さいみつ

日本ミツバチのハチミツの採蜜作業。

 

門だん

一番下までいっぱいだった群れの一番上の箱を2箱切り取り、

門段上に2段継ぎ足すという大仕事。

とんでもない大手術なので、そりゃもう〜

蜂達は大騒ぎでたくさん襲ってきます。

でも、なんとか2人とも刺されずに作業は終了。

さぎょうしゅうりょう

再びこの高さの巣箱で完成です。

秋の採蜜までまた頑張ってくれ〜!

 

このたびは、やはり分蜂した蜂達がたくさん食べて旅だって行ったので

1番上だった箱は、ほとんどスカスカで、巣の痕のみ↓

1だんめ

2箱目は8割がた蜜が詰まってます。

コレを今度の周南でのイベントで販売できないだろうか?

この蜜を採取する作業もまた忙しい・・・。まにあうか???

2はこめ

↑2箱目。

 

 

ジャムも作らなければいけないし・・・。

安定したジャムは私以外にはできないから、少しずつレシピや段取りも

新人に教えていかなければ・・・。

 

さあ、イベントラッシュがやってきます。

集中しなければ!!

 

来週5月21日(月)の「徳山あちこちマルシェ」では、

当店は、徳山駅内の通路にいます!

新人連れて行きます!

 

 

 

なないろ

内祝い「七色の香セット」2,500円のできあがり!

 

宇部市のクルミルクさん所のうちのブラックベリージャムを使って作って頂いた

「ぐるぐるクッキー」のおまけつき!(>▽<;

 

5セット、はるばる京都へ旅立ちます。(^▽^)

 

 

 

 

みつばち記録

日本みつばち comments(0) - ねこ山

とりあえず、自分のためのミツバチ日誌。

 

先月の4月17日に入居のあった「日本ミツバチ」

まだ巣を全く作ってない蜂群れのみの出だしはコレ↓

2群目2日目

だったけど、

25日経過の本日、確認したところ↓

08b5g12

↑これ。

巣をここまで大きくして頑張ってくれてます。

いまから子が沢山生まれて

ドカ〜ン!

蜂の数が増えることでしょう。

 

で、その群れより1週間前に入居した群れは?というと

まだ巣が全くできてない蜂だけの状態の4月の10日がコレ↓

はつぶんぽう

 

で、31日経過の1ヶ月後の本日↓

02b5g12

ドカ〜ン!

2段目の巣落ち防止棒にかかり爆発的に増えてくれてます!\(^▽^)/

もうすぐ下に継箱しなければ。

 

今年のベリー園のハチミツ販売に向けて、いいスタートです。

 

あれ? うちは養蜂園でしたっけ???

 

ブルーベリーは花が終わったけど、今はブラックベリーの花の全盛期。

蜂達も蜜源豊富な当ベリー園を気に入ってくれているでしょう〜。

 

今後、性根から戦っていくために

車に「海の見える小さなベリー園」看板を背負うことにしました。

他の業者に出遅れてモジモジとしている場合じゃない。

 

今は、遊んでいる場合じゃない。

頑張らなければ!!( ̄∩ ̄#

今後、気を引き締めます!

 

先日の5月9日入居の群れ↓

3番目

ようやく新場所に落ち着いて、花粉団子を運ぶ蜂が出始めました。

はじめがこの数なら、すぐに他群れに追い付いてくれるでしょう!

 

今年の厳しい夏。

蜜減が乏しくなったり、強敵の「大スズメバチ」が来襲してきたりで大変だろう。

でも、みんなが年越しできるよう、私が守ってあげるからね。( ̄へ  ̄

去年は4群のうちの半分の2群しか年越しさせられなかったけど、

今年は、全群制覇を目指します!

5群でのスタートです。

 

「海の見える小さな養蜂園」

 

 

 (´‐` ○)\(○`ε´○) コラ!コラ! 違うだろ!

 

 

 

 

 でも・・・

 

 

 

「海の見える小さなベリー園」は、

 ジャム屋だけで終わるつもりはないんです。

 どこまでいけるか楽しみです。 ( ̄ー ̄

 

 

 

 

 

 

ハニートラップ

日本みつばち comments(0) - ねこ山

朝起きてすぐ

カレンダーを眺めながら、ブツブツブツブツひとり言。

 

「変だなぁ?この子はいったい誰の子なんだろう?」

 

「何なん?」と妻。

 

「う〜ん。蜂の日数が〜。(・・;) 」と言うと、

「また蜂のこと!つまんない。」と言う。

 

仕方ないよ。今の私の頭の中は蜂の事がいっぱいいっぱいで、推測と臆測の繰り返し。

会話できなくて事実が解らないから、いろんな資料を調べて勝手に頭の中で考える。

 

うちではじめに入った蜂の群れと3番目に入った蜂の群れは29日の差がある。

初分蜂にて母は3月28日に出てしまったわけだから

1番目でさえ母が出て行ってから20日たって生まれた子。

ということは、出て行ったはじめのが母ならこのたび3番目入居の女王は

出て行ってから49日も経っている。これは違う。だれの子か???

よそからの群れか、もしくは孫分蜂???

う〜ん???と朝から考えてた。

 

はじめの1番目が

はつぶんぽう

↑これで、29日後の3番目が↓

3番目

3番目の方が大きい。

これは同じ巣から?

 

でもその元の巣だと思っていた巣箱は王台のフタがすでに4つ開いている。。。

じゃあ確実に4回分蜂している。知らぬ間に・・・。

計算が合わないし、どうなってるんだ???みんなどこに行った???

 

疲れたから考えるのをやめた。(-。−;)

 

 

また、つまらない話題をブログにアップしてしまった・・・・(-"-;

 

いつもこうなんよ。

「釣り」に夢中になってた頃は、毎日釣りの勉強をし、

「ブルーベリー」に夢中になってた頃は、数年間毎日観察と勉強をし、

 接ぎ木・挿し木は当然攻略。

「日本みつばち」でも毎日繰り返し資料を読んでいる・・・。

 

追求しきったらあっさり「ポイッ」なんだけど、「日本ミツバチ」は、

思うようにならないから、ついつい、はまってしまう。

これも「ハニートラップ♥」かなぁ?

 

いつの日か、完全に攻略したい。(・・;)

 

 

立派な養蜂家になるんだ!!

 

 

なんだかズレてしまっている。(-"-;

 

 

 

ちなみに日本ミツバチたちは、ブラックベリーの花が大好きみたいです。

 

 

 

 

 

3群目入居

日本みつばち comments(0) - ねこ山

5月3日に探索蜂が再び現れだして、5日には

いつもの鬼クルミの樹の下の待ち箱の前が百匹程度の探索蜂で盛り上がっていたので

「再びこの場所に入居かな。」と、思っていたが、

去年入居のあった高台の杉の木の下も探索蜂の数が増えてきていた。

どちらでもいいからと私も気持ちが盛り上がっていたが、

それからは天気の崩れた日が続き

6日7日8日と小雨が続いた三日間だったが、9日はひさびさの晴れ!

絶対分蜂が起きる!あの神秘的な蜂雲の大移動が見られる!と思ったけれど、

パソコン仕事の締め切り日・・・。お客さんに迷惑をかけられないし・・・。

当たり前なのですが(-。−;)、遊び人の私でも仕事が優先なのでじっとパソコンの前。

けっきょく昼過ぎの3時まで畑に行けなかった・・・。

で、

山に行って待ち箱の様子を見ると、いつもの動きと違う蜂たちの行動。

まだあちこちに探索蜂らしい蜂がウロウロしているけど

杉の樹の下のみ蜂の数が桁外れに多く出入りしている。

(分蜂が終わってもあきらめきれない探索蜂っているみたいです。)

 

「あ〜。間に合わなかった。こりゃ入ったな。」

夕方、巣門を開けて下から中をコンデジでパシャリ!

59ぶんぽう

やはり入ってた。これで今年3群目の追加

これだけの数の蜂の大移動。見たかった・・・。(-"-;

 

探索蜂が現れてから、6日目。

日が暮れてきたので、門を閉じて巣箱を抱えて移動をした。

私の第1養蜂場に4群並んで少し充実感。

おそらく第2養蜂場の群れからの分蜂だと思われるので、その箱をのぞくと

59王だい

王台は3つか4つふたが開いている。

この様子だと、もうコレでこの群れはおしまいかな。

それにしてもこの巣箱の蜂の数が激減。

この巣箱に住む事になった新女王さんが早いとこ雄バチと交尾して、

たくさん卵を産んでくれないと。

たしかに巣箱の空きが少ない群れは、よく分蜂するみたいです。

他の1群は空きが一箱あるせいか、まったく分蜂していない・・・

数は増えてるから今からするのかな???

 

59もとみやこ

王台があるかどうか、確認できない・・・5段目の巣落ち防止棒まで来ている群。

この群れの蜂の数の増え方が、この時期にしてはいまいちなので

女王様がちょっと弱っているのかも。

 

 

 

 

 

王台

日本みつばち comments(0) - ねこ山

おうだい

本日バイトの後山畑に行ったらビックリ!

蜂の巣の前扉が開いたままになっていた。

パニックでほぼ蜂達が出ていて、あかん状態。

でもそのおかげで見れた巣の様子。

突き出た巣、これが「王台」と言われるものなんです。

卵は同じでも、ご飯にローヤルゼリーだけ与えられたら

女王様になるんです。新女王のための出っ張り。

 

でたあと

こちらがすでに新女王様が出たあとで

 

でる

こちらが、今から新女王様が出る前の王台。

 

まだ、分蜂あるんだ。

 

それより、この巣、

全7段ですでに門段がこの状態。。。

箱の継ぎ足ししなければ・・・しかし7段は持ち上がらない。

どうしましょう???

採蜜して段を減らすにしても、この時期のハチミツは臭いし・・・。

 

 

 

 

れろれろ

日本みつばち comments(0) - ねこ山

はぐれ

「迷子のはぐれ蜂群」だと思ってます。

あれからやはり再びクルミの樹の下の箱に集まりこの様子

・・・この中に女王はいないはず。

近頃は、花粉を持ち帰る働き蜂が出てきました。

この先、どうなる事やら・・・。経過観察です。

 

この様子だと、メスが採取してきた蜜をもらう事はできないでしょう。

この群れにいたオス蜂が門の前でぐったりしている姿を不憫に思い、

砂糖水を作って落としてあげると

おす01

長いストローを出してチューチューと美味しそうに飲んでくれた。

 

オスの仕事は新女王との交尾のみ。

自分で花の蜜を採取しに行かないから働き者のメスがいないと生きて行けない。

 

ゲッ! これはどうかなぁ???

おす02

 

オス蜂同士が、長いストローを出して「れろれろ」。(-"-;

 

 

 

 

 

増2

日本みつばち comments(0) - ねこ山

今回の書き込みは今後の自分のための資料です。

 

2軍目

先日4月10日(火)と同じく、本日4月18日(水)

「鬼クルミ」の大樹の下の待ち箱に日本ミツバチの新入居あり。

昨日は探索蜂の姿が2〜3匹しか見られなかったから嬉しい誤算。

 

前回のが↓

はつぶんぽう

これなので、このたびの群れの出所は違うと思われる。

第2分蜂の方が大きくなるということはありえない。

 

巣箱の周りに蜂の死骸が数匹見られたので、

他の群れの探索蜂と場所をめぐって争ったと見られる。

ということは、再びの入居の可能性は高いため、期待大。

キンリョウヘン設置だけで6箇所、待ち箱は残り15カ所もあるのにどうして

「鬼クルミ」の大樹の下のみ選ばれるのか?、同じ南方向に向けて2つ並べているけど

必ず右側の西日が当たらない方のみが選ばれている不思議さ。

当然、毎回巣箱は台座ごと入れ替えるので

巣箱に魅力ではなくその場所に魅力があるのだと思われる。毎年探索蜂がくる場所。

 

夕方7時過ぎて蜂の出入りが落ち着いたので、薄暗いなか巣箱の移動を決行。

北向きだけど、真夏でも木陰で涼しい日陰の養蜂場へ連れて行く。

元巣かどうか定かではないけど、それより10メートル以上離れた場所に設置。

この場所で落ち着いてくれればいいけれど・・・。

養蜂をはじめた年に、初めて自然入居があったラッキーな場所。

 

入居時間は朝から15時半までの間。おそらく15時くらいと思われる。

このたびも入居のタイミングを見そこなったので入居しているかどうかの判断は難しい。

でも、巣箱を出入りしている蜂の数や行動を見ると、なんとなく解るようになった。

近くの自然の巣はすべて崩壊していると思うので、自分の持ち群れの分蜂とすると

はじめのオスふたが見られてから約24日くらい経っているので

それぞれ第2分蜂群以降かもしれない。

ず〜っと巣箱の前で観察することもできないし、解らない。

 

さて、来年まで年を越せる群れになってくれるだろうか?

できる限り絶滅回避のお手伝いをしてあげようと思う。

おおもとの蜂の群れ、1群は福岡県のみやこ町から、もう1群は静岡県の浜松町から

合計6万円にて購入し連れてきた群れ。双方の血も絶やす事はできない。

 

まずは、最近やたらと飛んでいるオオスズメ蜂の特大女王を退治するための

ペットボトルトラップを早急にセットしなければ。

 

 

で、その次の日4月19日(木)13時

バイトに行く前に山に行くと、再びクルミの木の下の待ち箱が騒がしい。

あれ???この状況だとわからないから、バイトの後で立ち寄って内見しよう。と

夜の11時前にクルミの樹の下の待ち箱の中の写真を撮ったら、

3軍目

えっ???

ちっちゃ!これって分蜂群???それとも探索蜂のお泊まり隊???

握りこぶしよりも小さい。

わからない。わからない。と思いつつ、この巣箱も違う場所へ移動した。

場所が少なくなってくると元群れに近づかないかと非常に悩む。

これでも分蜂群ならば、今年は3群目なんだけど???わからなくなってきた。

 

ちなみに前の日に入居した巣箱の中の写真を撮ってみたら

2群目2日目

あれ〜???少なくなってない???

前の日が

2軍目

この状態だったから・・・。

でも前の日は夕方7時でまたまとまってなかったし、

寒さで体を寄せ合って集まったら縮まるのかも???  それにしても小さい。

 

う〜〜ん。しくじったかな?いや、しくじったかも・・・。

移動が1日遅くて、迷子の蜂をだしてしまっているのかな???

 

 

 

で、再び、翌日の4月20日(金)

13時に山に行くと、クルミの樹の下の待ち箱は大騒ぎ。

「えっ!?入居?」と思いつつも半信半疑。

その時の写真がコレ↓

4月20mにち

この状況が夕方まで続き、日が暮れかかるときに全て巣箱内に納まった。

でね、

普通は、入居だと思うでしょ?

でもね、扉を開けてビックリ。集まっているのは門の前のみ。

巣箱の天井には一切なし。

探索蜂のお泊まり隊だらけ?

通常あり得ない状況。

女王が来てないから取り合えずの場所取り?こんな大勢で???

 

あっ!? やっぱり迷子を出してしまっている・・・

帰巣本能で行ったけど女王がいないのでどうしよう?って感じかも?

つまり、2群目が4月18日に入居だと思っていたけど。

実際にはその前の日の4月17日に入居していた。ということ?

入居した巣箱を移動したのが1日遅かった・・・。

その日は小雨だったし私が行ったのは夕方4時過ぎ、

他の巣箱からも蜂の出入りがなかったし、

この巣箱からも2〜3匹出入りしていただけだったので

まさか入居されてたとは思わなかった・・・。

その小雨の翌日の朝から巣箱の位置を頭に叩き込んだ蜂達が

その日の夕方に移動されてしまったけど、場所をまだ覚えているから

つい前の場所にもどってしまう。そんな状況の様な気がする。

さて、この迷子たちの状況、どうする???

早朝よりバイトなので夕方行き、日がくれてから

移動した巣箱の近くの位置にとりあえずは連れて行ってあげます。

まさか、あんな小雨の日に分蜂するなんて・・・

うかつだった・・・。

 

それにしても・・・

ここのところ蜂のことが日々気になって仕方ない???

 

ずっと付いてられないから、なおむつかしい・・・・

わからん・・・

言葉が交わせない小さな蜂の行動をみて、

蜂の心境を考え、自問自答を繰り返して悩んでるなんて・・・

 

 

たのしい〜。(^▽^)/

 

 

「  (*`∧´)/あんたはエエねぇ〜。」と世間の人。(・・;)

 

 

おにまちばこ

箱の中で夜を明かす蜂達を元巣と思われる場所の隣に運んで

鬼クルミの木の下の待ち箱へのキンリョウヘンは撤退しておいた翌日、

ふたたび蜂達が集まっている状態で。少し数は減ってるかも。

でもこれ以上はお手上げ。あとは任せることにした。

 

それにしても、箱を入れ替えても入れ替えてもどうして右側の待ち箱だけに

探索蜂が行って群れが入居するのか? 

一番はじめはキンリョウヘンを左の巣箱に添えてたけど

それでも右の巣箱に入居していた。

鬼クルミの樹の太い枝が大きな目印になってるのかねぇ??? 不思議だ。

巣門は、南南東向き。

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM