白い浮遊物

ジャム - - ねこ山
以前より気にしていたにも関わらず、そのまま続行していたことが
このたびお買い上げ頂きましたお客様にご不快な思いをおかけしてしまった事を
まことに申し訳なく思っております。


「ブルーベリージャム」での浮遊物
ブルーム01
ジャムのフタを開けた際、ジャムの表面にブルーベリーの皮が浮いてます。
それが、

ブルーム02
このような状態でも「おやっ?」と思われると思うのですが、
まれに

ブルーム03
このように白い物が浮いている時があるんです。
(↑お買い上げ頂いたお客様にお借りした写真です。)
じつはこの物体はブルーベリーの皮の部分なんですが、
これには以前から「これは見た目で良くないな。」と思っていたのに
そのまま同じ行程を続けていた私に今はとても反省しております。
一般にもこの問題はあるみたいなんですが
「ブルーベリージャムに白いもの」とネット検索すると、出て来ます。

当園のジャムは、
ベースとしてラビットアイ系の
「コロンブス」という品種を使用していまして
コロンバス
それがこちらです。
表面の白い物は、氷でも農薬でもなく、
果実自身が中から分泌している
「ブルーム」というもので
熟した新鮮な果実が自らの水分の蒸発を防ぎ、
しかも雨や雑菌から自分を保護するための
果粉でロウの様に撥水性があります。
このコロンブスという品種は、ブルーベリーの中でも
特にブルームが多い品種
これが反って問題を起こしておりまして。。。

私がブルーベリーの収穫をする際は、必ず薄手の手袋をします。
手袋をする理由として、素手で触ってしまうと果実の表面に
手の指紋がついてしまい
生食でお客様が食される際に不快な思いを感じてしまうだろうという理由です。
持って帰っても洗わず、薄いゴム手袋で選別し、生食販売用とジャム用に分けます。
つまりその「ブルーム」が剥がれないように最後まで注意してしまってるんです。

ジャム用として選別した物は、果実が新しいうちに水で3度洗いしてから
すぐに冷凍保存しております。
ジャムを作る時は、冷凍のまま鍋にかける状態です。
強いブルームのおかげで、長く煮ていても最後までのこっている物がありまして
それがあの白い浮遊物です。
今期からのジャムは、ジャムの中により多くの粒を残すようにレシピの変更をしまして
それが仇となり頻繁にそのブルームの皮表面が浮くという
現象が起きるようになってしまいました。
食べても全く害のない物なのですが、やはり見た目がカビのようにも見えてしまうので

「こまったな。」が正直なところ。

ご不快な思いをおかけしてしまったお客様に対しても
ご心配をおかけした店舗さんにも 申し訳なくて。
先週より、すべての店舗のブルーベリージャムを自主的に引き上げました。

これもまたいい経験で、この壁を乗り越えられたらいいのですが。。。

9月3日にお買い上げを頂いた他のお客様の品がこちら↓
あやしき
こうなるとお客様だけでなく、当人の私でも不安になります。
密封や中の空気の殺菌には自信があったものの、万一ということも充分考えられるし。
しかも、配合する砂糖が他のジャムに比べてとても低い割合なので怖いところ。。。

本当にブルーベリーの皮かカビか?をはっきりさせるために
返品頂いた9月11日の2日後(翌日はバイトのシフトが入っていたのですぐに行けず)
の9月13日(金)に公益財団法人の食品環境検査センターに検査に出しております。
すぐにでも顕微鏡で見て欲しいけど、順番待ちで2〜3週間もかかるらしい。。。
日が経てば経つほど、心臓にカビが生えそうです。(-"-;
こんな事をブログで発表しなければ一般的には知られないのに
堂々と、いや安易にここで言うなんて、私は頭の悪いバカだから仕方ない。(-"-;
「正直」に生きていきたいだけ。
負と出ると残念ですが、あっさりとこの道は辞めましょう。

それだけ食品と言うのは、細かな心配りが大切ということで、
気持ちは真剣勝負だったのですが、時間的な余裕の無い中途半端さはいけないと、
しみじみと感じてます。

しかし、バイトしないで生活ができるだろうか?と不安。


 

おかげさまで

ジャム - - ねこ山

皆様のとても温かいご支援により、
去年に引続き今年も年間1,600本販売を越えることができました。
ありがとうございます。
とはいっても、今年はジャムだけでなく
日本蜜蜂のハチミツがずいぶん引っ張ってくれてる感じですが。(-"-;


ここでちょっと私ぐらついてまして。。。

はちみつらべる
現在ハチミツの販売は、2店舗
「ふれあいステーションDAIDO」さんと「スマイルほうふ」さんでのみ
販売させて頂いておりますが、
販売価格は120グラム入り1,200円〜1,300円と高価な価格となっております。
供給も安定してきたし、せっかくの
産直のお店での販売なので、価格を
私が現在直接お客様に対面販売している価格まで下げることができないか?と
ただ今検討しております。
もっとお求めしやすい価格設定にして、うちの
「日本蜜蜂のハチミツ」
キャラメルのような味をより多くの皆様に知って頂きたい。
そんな思いでいろいろと、よそ様の相場をみて検討しております。
もちろんその際は、直接販売の価格もお安く変更させて頂く予定です。
ミツロウも溜まりに溜まったので安価な販売ができないか?と考えてます。

価格設定ってむつかしいもので、
あまりにも安いと
「にせもの?」「まざりもの?」「まがいもの?」
なんて思われてしまうものでして、安易にお安くできないのが困ったところです。
真面目な面の私を信用して欲しいのですが。。。(-"-;

ホームページ制作も進めているのですが、ソフトの解説書を買って読んでいるのですが、

文章を読むという行為が苦手なので、なかなか思うようにならなくて苦戦しております。
とりあえず、
何事も現状維持ではいけません。
何においてももっと追求しなければ。。。
そう考えてます。
「ダメだダメだ。こんなんじゃダメだ。」
常に自分に否定的でなければ進展はなく、
現状で満足すれば後は落ちるだけ。と、そう考えてます。


さて?

そんな私が進歩しているかと言うと

去年に引続き年間1,600本販売」ということで、

やはり進歩していないんですね。(^▽^;)​


 

ミニからジャンボ

ジャム comments(0) - ねこ山

みにからじゃんぼ

ご注文頂いている35グラムミニサイズから1キロジャンボサイズの

「ブラックベリージャム」を同時に作った。

右下が通常の145グラム入りサイズ。

 

「ボイセンベリー」ほどの香りはないけれど、独特の酸味がとても美味しい。

うちの「ブラックベリージャム」はわざわざ種を丁寧に漉して作っている。

だけど、この種には栄養があるらしい。

では何故に漉して取り除いているのか?というと、

固くて歯触りが悪いから。

その固さは身体で消化できずにそのまま出て来ると思われる堅さ。

栄養があるならば、種だけをすりつぶして何かで利用できないか?

乾燥させてごまのように歯でつぶせるくらいにできないか?

ポップコーンやぽんぽん菓子のようにサクサクにできないものか?と思ったけれど

自分の知識や技術、そして情熱不足で、まだそこまでたどり着いていない。

それより、もっとこのブラックベリーをレギュラー的な存在にできないものか?

と考えてはいるが、私ごときでできるとするとタルトかパイ・・・。

その焼き菓子の分野まで手を伸ばしたいけれど、いつになることやら。

外国産のブラックベリーワインを飲んでみたけど、さほど魅力を感じなかったし、

以前にシロップ漬けにしてみたけれど、色素がシロップに溶け出て

シロップはきれいだけれど、物足りないぼんやり薄いピンクの果実ができあがった。

ブランデーに漬けるととても美味しい酒ができたけど、それでは販売はできないし。

むしろあの赤い色のジュースでの販売がいいのかも???

そうなると保健所がなお厳しいし。

 

ぶらっくはな

あと半月するとブラックベリーの花が咲きだすね。

今年もたくさん実をつけてくれるかな。

 

ぶらっくベリー6月アップ

まだまだ発展途上中のうちの右腕的な存在のブラックベリーです。

 

ジャム、酸味が美味しいんです。

 

 

 

 

 

無農薬だから皮まで安心マーマレード

ジャム comments(0) - ねこ山

いよまーま

今年も作りました!!!

 

やはりマーマレードは5倍以上の時間がかかりました。(-。−;)

 

でも、とても美味しく仕上がりましたよ!(^▽^)/

 

「無農薬だから皮まで安心マーマレード」再登場!

 

香りのいい「スイートスプリング」「はっさく」も収穫したので

マーマレード作ろうかどうしようか?と迷い中。(^▽^;)

 

 

どこかで見かけた際は、ぜひ!お試しを!!

宇部市の「KURUMILK」さんところにも納品しましたよ!

 

 

 

 

 

 

スタートと修了

ジャム comments(0) - ねこ山

1月4日に今年初スタート、革小物制作は保留して、

朝からジャムを作りました。

うちでは二番目に手のかかる「ブルーベリージャム」。

単純に煮込めばいい方法ではないので、時間がかかるんです。

で、昼からの娘家族を呼んでの宴会が終わった後、

冷めたジャムにラベルを貼って夕方には産直の店に納品! 

頑張ってます!

翌日に別の店舗に納品に行くと、クリスマス頃に納品したのに

棚の上は再びのすっからかん・・・。

商品管理が出来ないなら出て行ってくれと言わんばかりに

私の棚がひっくり返してありました・・・。(-"-;

しっかりしなければ・・・、追い出されるよ・・・・。

 

すももさいしゅう

後日、他の用事やバイトを終えて次に作ったのは「すももジャム」

地道に人気のあった「すももジャム」は、これで在庫切れとなります。

お買い上げ頂いた皆様、たいへんありがとうございました。

 

むのうやくいよかん

次は、もっとも手のかかる「いよかんマーマレード」です・・・・。

人気の商品ですし、作業も楽しいけれど、とても時間のかかる商品です。

一般のスーパーに出ている様なつるんつるんのキレイな表面ではなく

うちのは完全無農薬なので、ブツブツなど汚れがあり、それを避けての皮カット(-"-;

でもね、その分「皮まで安心して食べて頂けるんです!」

立ちっぱなし作業でトータル6時間以上はかかるのではないかと。(-"-;

 

印刷物のデザイン仕事の原稿が入ったので、合間をみながら進めます。

明日はバイトのシフトも組まれているし・・・たいへん。でも、

今年も香りの良い美味しく安心なマーマレードを提供できるように頑張ってみます!

 

 

昨日、ありがたい事に「ねこ山工房」店舗の所在地のお電話を頂きました。

 

店舗ないんです。(-"-;

 

「海の見える小さなベリー園」「ねこ山工房」

店舗の姿はないんです。

夢はあるので、「まだない。」と言った方がいいような気がしますが

いったいいつ実現するのか・・・・。

 

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。(^▽^)/

 

 

ことしも少しずつ前へ進みます。

 

今年のイベント参加もまだ1つだけ

2月24日(日)の

防府天満宮「梅まつり」天神藝術村出店のみですが、

頻繁にあちこちのイベントに参加させて頂こうと思ってます。

 

皆様、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャムが売れない

ジャム comments(0) - ねこ山

各店舗からの売り上げメールがこの頃来なくなり、

 

「あー、ジャムが売れなくなった。」

 

と思っていて

久々に店に出向いていくと、各店舗とも棚の上はすっからかん

 

「品物が無けりゃ、売れるわけないじゃん。」となさけなくなった。

商品在庫管理ができてない。。。

なにやってるんでしょう…。

 

このままじゃいかん。

 

 

 

うちのジャム

ジャム comments(0) - ねこ山

すももじゃむ

私の作る「すもものジャム」です。

世の中、ジャムと言いながら、サラサラとした物がありますが、

いけません。

保健所にて私は最初に言われて以来、きちんと守ってます。

「プレザーブスタイル」(形の残った果実が入っている)でない限り

必ず、固形化していないと「ジャム」とは認められません。と。

 

この「すもものジャム」は多少固形が残っているものの

それでも、「冷めた時に固まる」と直感できるまで

フツフツとその状態の変化を見極めて我慢我慢して(-"-;  火を止めます。

 

この透明感、美しいでしょう〜。

味もまた美味しいんですよ。

これには自信あります。

 

道の駅散策していると、

ジャム売り場に「さらさら〜。」とした物が平気であるじゃないですか、

あれを見ると私は眉間にしわを寄せます。

あくまでもジャムは保存食。

「私のでさえ、糖分が控えめなので保存食と言いきれないのに

  あなた達はよくそんなサラサラ物をジャムとして販売してますね!」

と言いたい。

 

私の追求しているのは、第一に色。そして味。そして後から来る香り。

 

ほんとうに難しくて、革小物制作とか他の世界につい逃げてしまいます。

 

ブラックベリジャムをもっと追求したいんです。

深みを持たせたい。それが今後一番の課題です。

 

さて、ただいま緊張しているのは

あっぷるきうい2

収穫したリンゴの形の「アップルキウイ」

 

カットすると

あっぷるきうい

中は黄色の果実なんです。

酸味は少なく香りがいい果実です。

 

あっ!ちなみにうちのふつうのキウイフルーツ

ふつうのきうい

コレ↑。

 

形の違いがわかって頂けますでしょうか???

多少毛深いのが普通のキウイフルーツです。

 

週末のイベントまで「アップルキウイのジャム」を作りたいのですが、

忙しくて・・・。

ダメかもしれません・・・・。

うちの家では、ジャムを販売用の商品にまでするのは私しか作れないんです。

 

教えてないし、大切な作業を自分以外に任せられないから・・・・。

そんな性格・・・。

 

出来る限り、頑張ります。

 

よこめかんせい

 

私の気分転換は、ちょっと疲れます。

ねこ山工房の価格も安いし目ん玉付きの文字通りの「目玉商品」

6年前からの商品ですが、おかげさまで根強い人気。 

販売価格500円の「横目ねこキーホルダー」新色40匹完成〜。( ̄  ̄ i)

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM