雨上がりの日

山の様子 - - ねこ山

こんにちは

こんにちは、おげんきですか?

 

こんいちは2

昨晩の雨すごかったですねぇ。私は外で暮らしてるので大変でしたよ。

 

こんにちは3

このあほネコ「ウーウー」ばかり言ってて会話にならないわ。

もうええから、おっちゃん、なんか食べもんちょうだいな。

 

こんにちは4

ちょっとあーた、私に付きまとわないでよ!

 

 

じゅんべりー

ジュンベリーが色づき

 

ゆすら

ゆすらうめも熟し

 

かんきつはな

リスボンレモンもブラッドオレンジもミオネラもジャバラも花が咲き

 

すーじー

ブルーベリーもたくさん色づいたけど

 

すーじー

まさかあんな雨が降るなんて思わなかったから・・・・

 

われ2

実が割れて味も水っぽいものばかり

 

われ

販売はあきらめて少し収穫して帰りました。

 

わからないものですね。天気と人との突然の別れ。

意識を失って20秒も経過していないうちに心肺蘇生法をしたけれど

心室細動からの復活をしてあげることができなかった自分の無能さに数多くの反省。

「あの場にAEDなんか無かったし」と重い自分から逃避してみるけれど、

もっと冷静に完璧な心臓マッサージができてたら、

救急隊員さんが来るまでに少しでも可能性を残せたかも。

 

山に行ってもずっとそればかり考えこんでしまいます。

「今度こそは」と思っても、もうあの人は帰って来ない。

 

 

 

これもこれで

山の様子 - - ねこ山

くさかりき

これもこれなりに必要不可欠な「相棒」でして、

もう何世代目でしょうか?忘れましたが、故障し、部品を取って

次の世代が壊れたら部品を使用して修理のくりかえし。

このたび草刈り機の1台が壊れたので、

この子にその部品のハンドルとスロットルレバーを取り付けました。

やはりハンドル式の方が自分の足をカットしてしまう危険性もなさそうで安全かな。と。

2ヶ月放置で「草ぼーぼー」となってしまうので、園の草刈りは常に必要で、

草が伸びると、猫たちも散歩しにくくなるし、

見通しの良い思いっきり走れるスペースを確保するようにしてます。

もちろん草刈りを行う際は、猫たちは小屋に回収が鉄則。

 

もともと私の父親が趣味で野菜畑を1段のみで作る程度で通っていた山でしたが、

週一程度の父には手に負えずに竹やぶ化していた場所を私がひとりで開拓し、

ブルーベリー園や果樹園にしていったという園で、

いつも上から全4段を眺めて、「よくここまでやってきたな。」と自分を褒めてます。

まだまだ山の土地が欲しいのですが・・・。

父の作っていた野菜畑も土改良で私がブルーベリー畑にしてしまいましたけど(^▽^;)

ここで周りの写真を公開できないのは、場所を特定されないためなんです。

何度か盗難に合いましたから、人間が一番怖い

小屋の中や倉庫の中の物を盗んだり、植えている苗木を盗んだりとため息です。

立ち入り禁止の看板防犯カメラを設置しましたが、

山の中なのに妙に閉鎖的なので、怪しく思われそうでこまったものです・・・。

こうなったのも私のせいじゃない!盗人のせいです・・・。

いけない物は栽培してませんし、小屋には猫しか監禁してません。(-"-;

 

草刈り機の予備機が必要なので、また新しいもの買わなければ・・・。

働こう・・・。

 

10万円まだかなぁ?

もらえたら何に使うかなぁ?

自動車税?わたしは軽貨物だから4,000円。 草刈り機買えるしまだ余る。

あとはやっぱり生活費か・・・。

新型コロナの影響もありお金に触るのに躊躇しだしたし

世の中キャッシュレス時代になってきているけど、わたくしまだ・・・ガラケー。

みなさんスマホ使いこなしてますか? 何に使ってます?

ガラケーのメール機能もオフにしてるし、電話もかけないしかかっても来ない私に

あんな月々高額な料金払ってまでスマホを持つ必要がないんです。アホらしくて。

できればガラケーすら持ちたくないが、万が一のために持ち歩いている。

スマホって必要なんかなぁ・・・。何に使ってるんですか?

モンスター集めてる? へぇ〜。( ̄ー ̄

 

そういえば、「マスク」まだ来てないよ。

「いまさらマスクはもういいよ。」と言いたくなる。(^▽^;)

 

優秀な従業員

山の様子 - - ねこ山

いちごとてんとうむし

先日の従業員。

そうはいってもそれほど期待はしていなかったが、(^▽^;)

案外効果が現れて、まだらではあるけれど

ずいぶん「アブラムシ」が一掃されてきてます。

 

で、あれ???だれ?

テントウムシの幼虫

こんな子を雇った事はなかったんだけど・・・・。

この子の動きがとても素早くて、細かいところまで突き進み

「アブラムシ」を退治してくれてます。

この新人の子は、なんと!

テントウムシの幼虫なんですね。

まん丸ずんぐりのテントウムシとは全く違うグロい姿ですが、

この子もまたアブラムシを食べて成長していきますので、その成果は絶大。

イチゴの棚の中で自然繁殖してくれてたわけで、

テントウムシ補助による「いちご栽培」上手くいってます。(^▽^)/

 

よく見てみると、

テントウムシの卵

いちごの葉っぱの裏にテントウムシの卵が!

これで私のイチゴの棚も安泰。

無農薬に徹する事ができます。

 

ただ、増えすぎると共食いするらしいので・・・・。

間引いて出張させるか、退社していただきますが。(^^;)

 

はなばち

おや?イチゴの花にミツバチが来てくれてる?

 

ざんねん・・・・。そっくりですが、

よく見ると「ハナバチ」でした。そっくりでしょう。

まずは飛ぶ羽音が違うのでわかるんですが、一般的にわかるかどうか??

みつばちのごはん0

こちらが「みつばち」

 

まあ、受粉を手伝ってくれるのならどちらでもいいんですが。

それにしてもうちの「日本ミツバチ」

どこいってる???

 

 

優秀な従業員に支えられ、毎朝我が家は↓

いちごよーぐる

イチゴ添えの豆乳ヨーグルト日本ミツバチの蜂蜜のせ

この贅沢がやめられなくて、美味しくて、

イチゴがまったくジャム用に保存できてません・・・。(^▽^;)

 

 

 

ひとりぼっち

山の様子 - - ねこ山

私のベリー園の両サイドの土地の持ち主が手放されたのか?

亡くなられてから荒れ放題荒れてた土地が、最近会社組織に買い取られたらしく、

徐々に整理され、草もほぼ生えてないきれいな柑橘畑に変わりだした。

若い人でも思考の違う人は、平気で農薬や除草剤を使う。

 

少しでも楽に利益を上げようと思うと仕方ないけど

私からすると、「それでいいのか?」と、疑問。

 

今年は例年と比べて、

受粉をしてくれていた自然界の「マルハナバチ」が激減している。

知ってるのかな?そんな事には気がついてないだろうなぁ。

頭の固いジジイ達が農薬から離れられないのは解るけど、

私より若い人がそうするとなると、また次の世代も同じくそうする。

 

梅の木にまん丸の貝殻虫「タマカタカイガラムシ」がびっしりついていて

冬に手で削ってとっていたけど、それでも生き残っていたものに

今年は、その天敵である「アカホシテントウムシ」の幼虫が沢山付いていた。

自然界はそれなりに良くできているものです。

なんとかしてくれるもの。

自然界から虫がいなくなったら農業は成り立つのだろうか?

 

ちかごろ「無農薬栽培だ。」とか「有機質肥料栽培だ。」とか言えば言うほど

孤独を感じてしまうのは、とても悲しい。

 

それにしても私のベリー園、

虫はたくさんいるし、小鳥はとても多いし、これも仕方ないね。

「田舎は安くないと買ってくれないから、農薬使用も無農薬もおんなじ値段

 だから収穫できただけで細々生活するしかないね。」

こんなのプロじゃないですよね。

ま、いいんですよ。

小鳥にも虫にも幸せになってもらいましょう。(-"-; 

タヌキにもね。(^▽^;)

 

 

 

 

濃厚接触の悩み

山の様子 - - ねこ山

けいかいみゅー

「鬼クルミ」の苗を植えているポットの陰から警戒して相手を見ているのは

去年生まれで、まだ初めての事が多い純粋な「ミュー」

 

 

見ているのはこの子の存在。

たぬ

日が明るい時間帯でも平気で私に近寄ってくる「タヌ子」

 

人間社会でなくても注意しなければいけない濃厚接触ってものがあるもので

たぬとみゅー

野生の生き物は、病気を持っている可能性が高い。

現にこのタヌ子は、喉元の一部の毛が剥げていて皮膚の感染病を疑うところ。

お尻に傷があるのは、縄張り争いによる喧嘩の怪我か?交尾で受けたものか?

ノミにより皮膚がただれたか?

うちの猫達との接触は避けたいところ。

一応うちの猫達にはノミダニ避けの薬を毎月しているので

ノミやダニの予防はできていると思うが、感染症は怖い。

 

それにしてもこのタヌ子、危険を感じながらも

この動物の世界で最も信用してはいけない「人間」に近寄ってくるなんて

お腹空いてるのかなぁ?

最近は、私の園の両サイドの土地が会社組織に買い取られたみたいで

ヤブと化していたのにスッキリきれいにされて

除草剤や農薬をかけての柑橘果樹栽培がはじまってしまったし、

タヌ子も食べ物も少なくなったし住処にも追われてるかな。

そんなことを考えてて・・・・つい

 

「情」。。。

 

くるみむき

去年、収穫はしたけど販売用の処理するまでの時間がなく、

そのまま放置していた「鬼くるみ」の殻を割って実をあげてみた。

 

「栄誉つけて免疫力をアップさせてくれ。」

そんな思い。(-"-;

 

やってしまった・・・。 これで毎日来るかも・・・。(-"-;

 

たぬちゃんとみゅー2

 

 

こんばんは。

山の様子 - - ねこ山

たぬこ01

「夜分遅く失礼します。」

私が山から帰ろうと思っていた日暮れにやってきた一匹のタヌキ。

 

あれれ???

 

たぬこ02

「おっちゃん、なんかちょうだいよ。」と平気で馴れ馴れしいその姿。

 

あれ?タヌちゃん?

細身の顔立ちでこの間来た時とぜんぜん違うふた回りくらい身体が小さい。

ってことは、先日のが別モンで、君が本物のタヌ子だったのか?

やっぱり本物はちょっと小ぶりなんだ。

人間でも大きな人も小さい人もいるから、やはりタヌキの世界も一緒なんだ。

先日の丸々肥えて立派な逸物をつけたタヌ男には情が薄くなったけど

きゃしゃなこの子には情が湧いてくる。

「何か今度は持ってきてあげたいな。」と、いつもの悪い考え・・・。(−−;)

私、お気にいりの相手にはサービス過剰になるから

逆に警戒されて相手に気持ち悪がられ嫌われてしまうというクセがある・・・。(-"-;

 

たぬこ03

捨てようと思って持ってきていた「銀杏」と「どんぐり」をバリバリ食べてくれました。

 

つきよ

 

まん丸の美しい月が浮かぶ日暮れの再会。

 

うれしいね〜。(^^)

 

 

新規採用従業員

山の様子 - - ねこ山

いちごごがつ

私のイチゴも多少型が悪いけど、少しづつ収穫できるようになりました。

が、ここにきて「アブラムシ」が繁殖してきてます。

はじめは、筆を使って落としてたんですが、そんなの間に合わないほど

日に日に増える恐ろしい生き物です。

あぶらむし

「こりゃ、イチゴ栽培には農薬がいるよなぁ・・・。」と思いつつ

私は別の対策をとることにしまして、

園内をウロウロとして、目的の虫を捕獲し、イチゴの株元に落としてます。

 

いちごとてんとうむし

じゃ〜ん!!

新入社員「ナナホシてんとう虫」

アブラムシの天敵です。頼もしい優秀な従業員。

だけどいつ逃亡するかわからない。

優秀な職員は、ヘッドハンティングにあう可能性もありますからね。

そして良い条件の方へ転職していってしまう・・・。(-"-;

 

背中に接着剤をつけて飛べないようにする方法もあるらしいけど、

そんなとんでもない卑劣な事できませんよね。

 

みんな自由。あなたも自由。私も自由。

居場所のいい所へ行きましょう。

 

てんとう虫の養殖しようかな・・・。

(´‐` ○)\(○`ε´○) コラ!コラ! いらん事考えるな!

 

 

それにしても、イチゴに比べて「ブルーベリー」って大した害虫も病気もないし

イチゴほど繊細じゃないし、ほったらかしでもきちんと実をつけてくれるから、

とても楽チンですよ。

初心者さんは、ラビットアイ系栽培をおすすめです。

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM