夜の蝶

山の様子 comments(0) - ねこ山

夜の蝶

夜の「蝶」は、美しい姿のままでぐっすり寝てます。どこにも出かけません。

ただ、明日は違う場所で寝ますけど・・・。

 

さて、

山でバケツに雨水を溜めておいたら

おたま01

生き物が湧いてまして・・・。

おたま02

オタマジャクシ・・・。

 

「オタマジャクシ」カエルの子。

私、生き物の中で、カエルはあまり好きではないので。

(料理店で食べたことはありますが・・・。)

でもこのバケツの水をひっくり返す事ができない・・・。

いい人ぶっているわけじゃないんだけど、

 

やっぱりそれはできない・・・。

 

いずれは、

足がニョキニョキ生えて恐怖の存在になってくるんだけど、

今は目もクリッとしていて、クネクネ泳ぐ姿が可愛い・・・。(-"-;

 

仕方ないから、カエルになるまでそっとしておく事にしました。

 

それが・・・。

 

おたま03

こちらの大タライの中にもウジャウジャと

数百匹の「オタマジャクシ」がいるではありませんか。

 

いずれは、そこら中にカエルが飛び交うことでしょう。(-"-;

カエルが増えるとヘビが来そうで、ますます憂鬱。マムシも来るかな。

ヘビはもっと嫌いです。

マムシなら確実にしとめないといけないのがつらい。

でもタライをひっくり返せない。複雑な心情。

 

 

 

 

 

暑いので

山の様子 comments(0) - ねこ山

うなぎ

うなぎを釣って来て、焼いて食べました。

手前の団子状態のものは、うなぎの肝臓です。

これがまたうまいんです。

 

この他の一番小さかったうなぎは、

3分の1だけうなぎが大好きだった猫の「ジャッキー」にあげました。

 

翌日

「あれ?食べてる・・・。」

翌日

お皿に入れたのに食べられてる。

「では、今日は「カリカリ」を入れておこう」と

かりかりおそなえ

入れて帰ってみた。

またジャッキーが食べに還ってくるだろうか?

 

そりゃそうと、私がここに近寄るといつも

イソイソトコトコと退散するオスのキジがいるけど

あなぼこ

ここを昼寝の場所と決めているんだろうか?

ホジホジとした後が残っている。

 

 

 

お墓に灰をかけているのは、「あなぐま」避け。これをかけとけば

「あなぐま」にほじくりかえされる事もないんです。火葬ではありません・・・。

 

で、翌日の本日・・・

ふたたび

誰が食べた!

 

誰かが食べてます・・・。(・・;)

 

ちなみにうちの残された現在の娘達3匹は皆、

私が畑にいない時間は山小屋に監禁しているのに。

 

 

う〜ん・・・事件です。(・・;)

 

 

 

あめあめあめ

山の様子 comments(0) - ねこ山

まいにち続く「雨」

「どうなん?」と問われると、もちろん私はお手上げ

 

最近は、ブルーベリーの事は妻に任せているので

収穫も選別も彼女がしていますが、

ブルーベリーの樹の事を「金のなる樹」だと思っているのか、

なかなか、生食販売を諦めてくれません・・・。

 

こんなに雨が降ると、果実は水っぽくなるし、傷みやすくなるので

一気に収穫して、ジャム用に冷凍保存した方がいいんです。

こんな時、「うちはジャム屋で良かった。」と思うのでした。

生しか売れない生産者にとって、この天候は「涙」ですからねぇ。

糖の配合量の調整が必要になってきますけど、ベリーをムダにできません。

 

ひとつだけ問題点、

うちの300リットル大型冷凍庫、2台ともすでに満杯・・・。こまった・・・。

新しい冷凍庫買っても置く場所がないし・・・。

ブラックベリーもブルーベリーもまだまだ今からが本番なんですけどね。

「また冷凍庫買いたい。」と言っても、ぜったい妻は許してくれません・・・。

さて、どうしたものか・・・。

 

ということで、かさばるものからジャムを作っていくことにしまして

本日は、アンズとすももを作ります。

 

終わったら、雨の中、畑に摘み取りに行きます。

昨日摘み取れてないから、今日は10キロ20キロの収穫でしょう・・。

この時期はたいへんです。(ノω・、) ウゥ・・・

 

 

 

ようこそ!6月の当園へ!

山の様子 comments(0) - ねこ山

あじさい

ようこそ!いらっさいませ!

興味はあったけど、なかなか御覧になれなかったお客様、

ただ今の「海の見える小さなベリー園」の様子を

ぜひ!ごゆっくりとご覧下さいませ。

2018こうめ

ただ今小梅の収穫期を迎え、熟れた物から収穫しては、

「小梅の梅干し用」として「ふれあいステーションDAIDO」さんにて

「完熟小梅」キロ500円にて販売させて頂いております。 

小梅の梅干しは過去私自身が作ったんですが、小さいからお弁当に便利なんですよ。

いちいち天日干ししなくていいから、はじめに漬けたらそのまんま。

保存料とか入ってなくても、うちはもう4年間食べ続けてますよ。(^▽^)/

 

あおうめ

大きく立派でしょう〜。当園の「青梅」です!

メジロが摘果してくれてるおかげで一粒一粒が大きくなって2Lサイズです。

完熟させるとテニスボールくらいになってしまいます・・・。

こちらは、他の生産者とかぶらないように収穫し、

来週あたりキロ600円にての販売です! 注文が来てないけど出していいのかなぁ?

梅の木10本近くありますから・・・・結構な収穫で・・・・。

 

おにくるみお

こちらは、当園の名物「鬼くるみ」です。

でかい樹なんです。高さは10メートル近く行って、横におおきく枝を広げてます。

枝を切ったらクルミのチップができて薫製料理に使えるよ。

今は青梅大だけど、まだまだ秋の収穫なので今から大きくなります。

この葉っぱ、夏頃に「アメリカシロヒトリ」なる毛虫がウジャウジャわいて

すっかり丸坊主になるんですよ。でもまた再生するから生命力はすごいんですね。

これも無農薬栽培ではしかたない。

 

もも

「桃」も植えてるんですが、これはもうほったらかし。

農薬かけないと病原菌にやられてお手上げ。だから諦めてます。

ミツバチのごはんの為に残しているような感じで桃は4本植えてます。

  

1段目編かけ終了

ブルーベリー「ハイブッシュ系」の段の上部ネット掛けがようやく完成しまして・・・

間に合った・・・という感じ。

 

すぱるたん

網の下では現在接ぎ木地植えの「スパルタン」が色づいてます。

 

2段目のポット栽培は

ぶるー

なんやかんや色づいてきてるんですが、いまだに出荷を躊躇してます。

「酸っぱいんです。」(^▽^;)

ここは、ボイセンベリーと一緒に入れてるから、上部にカミキリムシよけの

細かい編み目のネットかけてるから、日差しが充分でないせいですかね。

それともよそみたいに化成肥料やらんとだめかなぁ〜。なんて言いながら、

な〜んにもしないでいきます。

リン酸肥料「バッドグアノ」(こうもりのフン)追加してみようか・・・いまさら遅いね。

 

ころんばす

ラビットアイ系の「コロンブス」は、剪定をこまめにしないと背丈が2メートルを

超えてしまい・・・横にも枝を広げてるものだから歩くスペースがないほどで

この段は「ラビットアイの樹海」と呼んでます。

もっと余裕をもって植えるべきだった・・・。

ならせすぎ

こちらは、去年も網かけしなかったラビットアイ系の「ブライトウェル」

剪定もいい加減だったので、2メートル近い高さで実がびっしり・・・

成らせ過ぎ・・・。

網もかけてない樹たちがこの段には50本ちかくあるけど、

鳥達もラビットアイ系の実る頃にはすっかりブルーベリーに飽きて

被害にあわなくなってしまうのでした。(^▽^;)

店に出しても1パック120円くらいでも売れ残るので、ジャムのベースにしてます。

世の中あちこちブルーベリー生産が過剰な状態です。

 

 

あんず

「あんず」も色づいてます!品種は「信州」。

少し柔らかくなったら収穫します。このたびも生では売りに出さず、

うちのジャムの材料に致します。

1年ぶりの「アプリコットジャム」

来週の日曜日の「おのマルシェ」で間に合うかなぁ〜。(^▽^)

小梅のジャムも検討中です。

すもも6がつ

梅雨時期に収穫の「すもも」は、まだこんな状態。

まだまだ今からですねぇ〜。

ある程度熟して、それでも完熟ではなく酸味が残るくらいの収穫で

ジャム用に加工して冷凍保存します。

ぼいせんべりー6月

「ボイセンベリー」はこの状態。

もうすぐです。が、今年も収穫量が少ない・・・。

今年の目標は「カミキリムシ被害を最小限に食い止める!」

来年の収穫量アップを狙ってます。

実の形が悪い。受粉の手も足りてないみたいですね・・・。

もっとミツバチ群を増やさなければ。

 

08蜂

うちのミツバチ「ナンバー08群」です。

 

ブラックベリー6月初めブラックベリー6月アップ

「ブラックベリー」はこの状態。

もうすぐ収穫時期。

「嵐の前の静けさ」といった感じですね。毎日10キロ単位の収穫は涙ものです。

 

ぎん

美人の「銀」ちゃんは、半年経っていまだに治療中。可哀想です。

背中が舐められないから、後ろ足のまたを舐めるようになって、

毛がはげて赤く炎症してます。

「やるな」言うてもやる。 猫です。

 

くりのはな

栗の樹は花盛り。なんだかなつかしい〜匂いだけど、コレが臭い。

 

まだまだお見せしたい果実はたくさんあるんですが、本日はここまで!

航空際には行かずに「ベリー園」に行ってきます!!

本日は草刈り。

 

 

ではまた!!

 

 

おまけ:

 

園で栽培している「ふき」を使って、うちの新入職員がコレ作りました。↓

きゃらぶきふきのあんぜりか風

「きゃらぶき」「ふきのアンゼリカ風」です。

結構おいしいんです。

 

「私のもアップしろ〜!」とうるさいので・・・(^▽^;)

 

 

その日、山の作業中に見上げた爆音の轟く空↓

ひうこうき

毎年、ちょうど真上がコースになってまして。

ひこうき02

捕まえた〜。  安〜い私のガラケーでパシャリ。(^▽^;)

とてもキレイでしたよ。

 

 

 

 

 

 

雨の日

山の様子 comments(2) - ねこ山

梅雨に入りましたね。

ポット栽培のブルーベリーに水をやる手間が省けていいのですが

やはり雨の日は作業がはかどらないので好きではありません。

本日はアルバイトに行く前の午前中、山小屋のひさしの下で

「きんりょうへん」の植え替え作業をしました。

きんうえかえ

10ポットを今年も株分けして増やし18ポットに。

最初は3ポットからだったっけ? 多少知り合いにあげたりして数は不安定だけど

来年も全ポット花を咲かせてくれるかなぁ?

来年の春の「日本ミツバチの分蜂群」を引き寄せる頼もしい蘭です。

じーっと座りっぱなしでの作業なので腰が痛くて・・・。

じつは先週から、腰をいわしてまして・・・。

「いわしてる」と言っても「ブイブイいわしてる」ではなく、痛めてるんです。

ずっと、湿布を貼って鉄板入りのコルセットしてるんですが、やっぱり痛い。

先日、くい打ち作業で肩を痛めた際に頂いた痛み止め薬と筋肉をほぐす薬も飲んでます。

重い物を運ぶ事が多かったから・・・といった軟弱な体です。(-"-;

また注射打ってもらおうか・・・。

 

先日のイベントの帰りに立ち寄ったホームセンターで、

コレが売ってたから買ってしまいました。

ぽろたんなえ

栗の苗木。品種名「ぽろたん」です。

数年前から気になってたんですが、とうとう手に入れてしまいました。

この子が実をつけるようになるまで、私は生きているだろうか・・・(-"-;

渋皮がつるんと剥ける栗です。

将来、焼き菓子作りに興味が出た時に役に立つかな〜。ってな感じですが、

まだ植えてない・・・。

 

他にも果樹やナッツ類の樹(ピーカンナッツやヘーゼルナッツ)が欲しいけど、

植える場所がない・・・。

義父の山畑に植えさせてもらおうか・・・。

 

ブルーベリーが色づき始め、鳥が食べてます。ざんねん (-"-;

園の網がけがまだできてない・・・。

再来週あたりから、ブルーベリーの生果販売はじめるかなぁ。

最初は、ノーザンハイブッシュ系の「スパルタン」です。

 

相変わらず忙しく、すべて間に合わない日々を過ごしてます・・・。(-"-;

 

 

 

 

山の畑は花盛りでも

山の様子 comments(0) - ねこ山

すもも遠方

「梅」の花も終わり、

「暖地サクランボ」の花も終わり、

「スモモ」の花へと移り、

桃の花

「桃」の花

 

そして、今は「梨」の花の全盛期↓

なしのはな

 

えっ?

 

まだなんですよ。

うちでメインの「ブラックベリー」「ブルーベリー」の花

品種によっては「ブルーベリー」の花がたくさん咲いてはいますが

まだまだ咲きほこっているという状態とはいえないんです。

 

大きく黒い「マルハナバチ」はブルーベリーが好きで

どこからともなくたくさん現れて受粉してくれてるんですが

それに比べてどこをほっつき歩いているかわからないうちのミツバチ

まったくもう、役立たずでどこで遊んでいるのやら。

もっと群れを増やして、蜜源が足らないくらいの状況にしないと

うちの畑の花盛りに対応できてません。(-"-;

 

 

「毛虫退治」。

相変わらず、毎日毎日手で猫缶がいっぱいになるほど取ってますよ。

写真はグロイからやめといたんですが、

妻は、「そういうのをネットに載せないとダメなんよ。

無農薬をもっともっとアピールしないと。」と言うので、今度写真撮ります。

 

囲み補修中

今年の積雪で激しく破壊された囲み網の補修作業中の4段目のブルーベリー畑です。

長さ40メートル幅は8メートル程度の晩生品種60本のブルーベリー畑です。

時期終盤の安価(120g200円)販売および、

ブルーベリージャムのベースとして使っています。

 

この場所が毛虫の発生がヒドくて・・・。

この奥手のやぶから毛虫が湧いてくるんです。

やぶ側のお隣は私の持ち物ではないので私にはキレイにできず、やむを得ずの戦いです。

お隣の管理されていた先代はすでに亡くなられているので、荒れてきてるんです。

 

現在ふきの販売中ですが、この棚の補修が終わった残りの費用で、

妻に昼寝用のハンモックを買ってあげるつもりです。

もっともっと妻には元気で長生きしてもらわなければ・・・。

最近あちこち体調が悪そうな妻を見ていると私も落ち着かず。

 

気持ちを集中しないと作業ができないパソコン仕事がつまってしまったけれど

気が乗らなくて、困ってます。 このたびはとても難産なので困ってます。

3つも納期が迫っている・・・ダメだできない。  山行こうかな・・・逃避 (-"-;

 

義父からは、ハスの田んぼの耕しをしてくれ言われるし、義父の山畑の草刈りもあるし、

母の施設に行かなければいけないし、妻の仕事と同じで私にも土日がない状態。

どうしてこんなに忙しいのに貧乏なんだ???

いろんな事が私に「おんぶ〜。だっこぉ〜。」言います。

 

先日、お電話頂きまして、

以前イベントにてお友達が私の革小物のねこもんをご購入して頂いたそうで

自分も見てみたいので、お店の場所は何処でしょう?と。

 

店、ないんです・・・。

そのうえ、現在、革を触れてもいない。

なんだか、あれやこれややってて、すべて中途半端。

悩んでます。このままでは、ジャムも革小物も衰退してしまう。

山の畑も荒れてしまう。

今、何が一番大切か?

将来の自分にとって有益な財産こそ充実させて残すべきではないか?

 

あれを辞めようか・・・。

ひっそり考えてます。

 

 

 

 

小さな友達

山の様子 comments(0) - ねこ山

ぴいちゃんそうぎ

まだ目が開いてない時から練り餌をあげて育てた小さな娘、

明らかに私の心配りの足らなさで、不慮の事故で失ってしまった。

1年半の間、私を母として慕ってくれて指にも乗ってくれたり

小さなお米を直接指からくちばしで摘んで食べてくれたり

仲良くしてくれていた小さな小さな彼女とのお別れ。

 

太陽の光を浴びることもできず、大空を飛ぶこともできずに終わった命。

ボイセンベリーの枝の間にあった巣の中で息絶え絶えだった彼女を助けずに

そのまま見殺しで亡くなった方が良かったのか?

私が囲って自由を奪い生かした方が良かったのか?どちらが幸せだったのか?と

自問自答は絶えずあったけど、

「人の手で育てられた以上、もう自然の中では生きて行けない」と

私が母親代わりに育ててきた、片手の手のひらに乗るほどの小さな命。

もう少し愛情があれば、事故の原因を回避できたのに。。。

その前まで時間を巻き戻してほしいと

ええ年こいたおっさんは、彼女を手の平の上に乗せて「ごめん」と泣きました。

この繰り返しばかりで大切な命を何度も失ってます。。。

 

これからは産まれた山で自由に空を羽ばたいて暮らしてください。

 

1月5日 大切な「ぴーちゃん」が逝きました。

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM