回想2

レザークラフトの話 - - ねこ山

ひもつきけーす
過去の振り返り作品にちょっとヒモを継ぎ足し。
どうでしょう?表と裏にもカード入れスペースがあります。
ただ、フタがないのでクレジットカードには向いてません。そこのところは要改良。
これはこれで800円くらいかな。
透明フイルムを貼った定期券入れも考え中です。
でもあれは100均にもいろいろあるから作る気なくなるけど。
もっともっといろんな
可愛い個性的な革小物を作りたいけれど、
ここで我が家の年賀状デザインの強制注文。
年賀状も既製品でいっぱいいいものあるからそれ使ったらいいのに…。と言うけど
自分のベリー園の
個性的な年賀状も作らなければならないし…。
全然集中できないこの頃。

逃げたくなったら、好きな事に逃げるのが一番↓。
赤い
こうして
「在庫もん」が溜まっていく。(^▽^;)

回想

レザークラフトの話 - - ねこ山
近ごろ過去を振り返ることが多々ありまして…

先が短くなってきている? すっかりジジイになっている?
その
「昔は良かったなぁ。あの頃は私も元気だったなぁ…。」とはちょっと違い
もう一度
過去を振り返り、見直してみるようになってます。

先日、宇部市ときわ公園にて持参した
「小銭入れ」
数年ぶりに作ってみたオリジナルの小銭入れなんですが、
デザイン優先、機能は後回しという
自分勝手な小銭入れ
小銭入れ赤
写真は過去のものですが、
この度は少しデザインを変更して
グリーン系を作って持参したんですが、
お客様が、
「あらコレ!以前私この茶色のを買ったのよ。今指輪入れにしてる。」と、
そして、「これも下さい。」と、再びご購入頂いたんです!
お客様の笑顔を見ていて
「なるほど〜。たしかにこれって可愛いかも。」と、
自分の作品の早い旅立ちをこれまた笑顔で送り出しました。(^▽^)
また、追加の色バージョンは合間をみて作ろうと思います。


第2弾の「過去の振り返り」として
名刺カードケース
「名刺・カード入れ」です。
シングルでざっくり手縫いで仕上げてますので、そのシンプルさが可愛いんです。
全体のデザインだけでなく、
革の色選びだけでもなく、糸の色選びもデザインの一部なんです。(^^)
我ながら、
いいねぇ〜いいねぇ〜。天才だねぇ〜。なんて思いながら
過去を振り返ってます。 誰も言ってくれんからね。(^▽^;)

次は何を作りましょう? 

↓これも1個だけよみがえらせました。

横目小銭入れ
えっ!全部、子どもっぽいですか!?

いいんですよ(^▽^)。これが私。頭の中はいつまでも子どもであり背伸びはしない。
これが私の作品なんですから。無理して大人しい物は作らない事にしたんです。
どこでも見る様な物、他の作家と同じ物を作ってもしょーもない。と思ってます。

作る自分もそれを気に入って頂いたお客様も笑顔で楽しければ、それでいいんです。
これからも 私は私なりの 私だけの
自分の路線を貫いていきます!( ̄∩ ̄#
 

幸せを

レザークラフトの話 - - ねこ山

うしろむいたねこ
うちのブランドロゴにしている「うしろ向き猫」をはじめ
前むいた猫もこのスーベルカッターという工具で革に入れてます。
ふたつと同じ物が生まれないので、これがまた楽しい時間。
頭がからっぽになる私の幸せな時間です。

お客様に幸せな笑顔が届けられます様にと願いを込めて
ニャゴニャゴ言いながらヘラヘラしながら掘ってます。変なおっさん。

私って、お金ないけど幸せなんでしょうね。

でないとこんなもの作れませんね。(^▽^;)

 

空回り

レザークラフトの話 - - ねこ山
なんじゃこりゃもん
追加で何か作ろうとしているものの
何じゃこりゃ?
ひきだしでなる

ついかもん
サカナキーホルダーの色の違う新色を作ったりしてみたが、
また
売れない在庫もんを抱えてしまった。

新たな
レザーカービング作品を何か作らなければと工房の机の上を見ると
がっしゃーん
猫達が「ガッシャ〜ン!」
工具をひっくり返しているし。。。

まずは掃除から始まる私の
「ねこ山工房」(-"-;​


「猫と魚のキーホルダー」はいろんな色を作ってます。
ねことさかな

ぽんちゃん
なにか魅力的なものを作りたいんだけれど。。。空回り。(-"-;

このたびのイベントに向けて
メインのジャムも各種類、必死で作ってます。(−−;) いそがしい。。。



徳山の皆様へ
今年は3月に1度しか
「徳山あちこちマルシェ」に参加できませんでした。
今年度は月曜日と土曜日にアルバイトのシフトが組まれてしまってまして、

「徳山あちこちマルシェ」の開催がまさにその月曜日と土曜日が多く。。。
今年は参加できませんでした。とても残念です。
今年の締めくくりも
12月21日の土曜日ですね。参加したかった。。。
来年はなんとか参加したいと思っております。
その際は主催者様、お客様、他出店者様、ぜひともよろしくお願い致します。

青いもの

レザークラフトの話 - - ねこ山
追い込まれ追い込まれたあげくに困難に揉まれ落ち込んだ
そのどん底から困難を解決し、浮上して達成した際のスッキリ感に
わたしはいつから
「快楽」を感じているんだろう?
幼い頃からの独特の病気?

遅刻ぐせもそのせい?
「人生の道草」好きなダメ人間なのもそのせい? (-"-;


イベントも2日後なのに工房のジャムの在庫は何もなし。
パン屋さんからもジャムの追加注文、そして
個人のお客様からも1ヶ月前からのありがたい注文を受けてるし、
産直の店でも
「青いもの」は、1ヶ月前から品が無い状態。

壁にぶつかっている。

白となったんだから、早い事さっさとまた作ればいいのに。。。それもせず。

あおいさかな
干す魚と言えば「青魚」だろう。と、
「青い魚」を作って気を紛らわせていたけれど、
ほんとうに作らなければいけないのは、
「青いベリーのジャム」

だ〜れも待ってはいないと思うけど、
私には、ひとつ前に進む為にどうしても作らなければいけないジャムがある。
ごく普通の行程のジャムで、誰もが作るものだけど、
恐怖心だろうか? 妙な壁が立ちはだかっている。。。 (-"-;


ふあん


 

ピーちゃん

レザークラフトの話 - - ねこ山
気持ちが落ち着かないときは、手作業に集中することに限るので
「山の中のクラフト展」に向けて、少しでも出品数を増やしたくて
ピーちゃんの新色を作っていた。

うぐいすくn
緑の「うぐいす」の次は「青い鳥」のピーちゃん。
なんでもかんでも何故に「ピーちゃん」なのかはそのうちお話しますが、

今じゃ蚊帳の外となっても、腐って老いぼれでも、もともと
自称デザイナーだったので
このピーちゃんも私のオリジナル作品
手になじむ大きさと形で、いつもそばにいても和めるような小鳥を作ってみました。


ぴーちゃん

後ろのネコは家ネコの「ミイコ」。11歳。
目がクリッとした美ネコの多い防府市向島の
郷ケ崎ブランドです。

ミイコは、寝入っている私の上に夜な夜な乗ってきます。一晩で最低5回も…。
「よこっらしょ」と胸から下腹のあたりにべったりとに横たわり
重たさに私が目を覚まして耳や頭をなでてあげるのを止めると再び去って行きます…。
それなりに体重のあるミイコだから、私も毎日寝不足。
上に乗っかられないように横を向いて寝てると、
後ろに回り、うなじをベロベロとよだれがべったりするまで舐めつづけるし
ザラザラな舌触りが痛いしネットリが気持ち悪いので、それもそれで寝られない…。
それでも寝ていると横の扉をカリカリカリカリと爪研ぎで大きな音を立てて起こします。
これは
なのか?いじわるなのか?単なるわがままなのか?
それとも
誰かの怨念を背負っているのか? 呪い殺そうとしているのか?
長い事人生を背負っていると、1度や2度いや数度恨みをかうことは多々ありますし、
変な自信を持っている私は、世間様に嫌われる傾向にあるものです。
でも、やはりミイコの毎晩の行為は
「愛」に決まっている。と信じて
私は毎日寝不足でも
幸せを感じています。

昔、ホームセンターでネコご飯をアレコレ選んでいると、年配の女性に
「あなた何匹飼っておられるの?」と聞かれ、「7匹です。」と答えると、

「そのうちあなたもネコに救われることがあるわよ。」と去って行かれました。
その後店の中を見渡したけど、その女性の姿は見えず。
「えっ???なんだったんだろう?」という思いでしたけど。

ネコとの生活は、不思議な事が多々あるものです。

のりうつり銀



今は亡き本物の「ピーちゃん」↓

ぴいちゃん
私にとって特別な娘でした。
「一緒にいたいけどこの娘は自然の娘、私の側にいてはいけない。
  でも自然に戻しても生きていけるわけがない。じゃあ、どうすればいいのか?」 
永遠に答えが出せない。忘れられない悩んだ日々。
うちの猫の「ぽんちゃん」が、この娘の親の命を奪ってから、その罪を背負い私が育て、
そんな私の事を親だと慕ってくれて、これからも「私が守る。」と誓いつつも、
結局守ってあげられず、2歳で不慮の事故による死。
きっと巣を作って私に見せたかったんだろうな。。。その途中、糸が首に巻きついて。
フラッシュバックと共に切ない思いがいつまでも残る悲しい娘でした。
私の姿を見るといつも喜んでピョンピョン飛び跳ねてた姿を今も忘れられません。


ぴいちゃん




 

ちゅるちゅるへの思い

レザークラフトの話 - - ねこ山
今頭に大きくひっかかっているのは
10/13(日)10時〜16時 山口県周南市樋口 750 永寿園にて行われる
「第10回山の中のクラフト展」への準備。

こちらのイベントは、
各分野でそれなりの才能をお持ちの手作り作家さん達がたくさん集まります。
それなのに
ただ今
「ねこ山工房」の在庫は、誰でも作れそうなねこもん革小物ばかり。。。

そろそろええ年こいてますし、「かわいい〜。」だけでなく、

誰が見ても「すごいね〜。」と思って頂く芸術的なものを作りたい。
「今年こそは!」と言いながら、毎年準備できなくて終わってしまいます。
普通の革小物作家さんができなくて私が出来るものと言ったら、

「レザーカービング」
一枚の平面の革を刻んで叩いて模様を浮き立たせていく技術です。
彫刻の様ですが、削るのじゃなく革の表面を沈めさせて形作るといった感じでしょうか。


かーびんぐイメージ
すごいの作らなければ。。。と思うものの
今の私には「足らないもの」が多々ありまして。。。(-"-;


◎制作に没頭する時間
◎革を買う予算

そして
◎一途な気持ち

ありとあらゆる方向に気移りしてしまい集中できないでいる。
日々の生活の事をな〜んにも気にしなくてよければ、きっと没頭できるんでしょうが、

生活のため安定した収入を得るためにアルバイトに出て働かなくてはいけないし。。。

結局、私に無いのは
「お金」(-"-;
いや、もがきにもがいていろんな事をやってるからこそかえって
一途な思いに捧げる「お金」が無いのかもしれませんね。
あれこれやるからお金がない。お金がないからあれこれ手がける。といった
妙なサイクルにはまってしまってます。

さて、ことしの
クラフト展、どうしようかなぁ。。。がっつり儲けて
世間で大切に飼ってもらっているネコさまたちのように
うちの猫達にも​あの贅沢な
「ちゅるちゅる」を食べさせてあげたい。。。

猫もんをたくさん作って、数で稼ぎましょうかね。(-"-;


10/13(日)
会場ではフードコートも大盛況でステージでの演奏パフォーマンスもあり
毎年ご来場者多数でにぎわいます。ぜひ!遊びにお越し下さいね。
うちの商品はお買い上げされなくていいですよ。遊びに来て下さい!!
そうか、このブログをご覧のかたに先着で

「みつろうロウソク」のプレゼントしようかな? (^▽^;)

みつろうあしがた
ダイソーのチョコ型で過去に作ってみた物。美味しそうですね。
100パーセント天然の
みつろうなので食べても害はないけれど、
美味しくもないから、芯をつけて
ロウソクにしなければ。

 
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM