これといって

ねこ山のねこ comments(0) - ねこ山

これといって何も話題はないのですが、

数週間前に山畑にて「コンコンコンコン」樹をつつく音。

どこだ???と探すと、以前うちのポンが乗っかった夕焼け写真を撮った樹。

 

yuuyakeponn

 

この腐った樹↓

こげらのす

 

小型キツツキの仲間「こげら」がつついてたんです。

で、枯れ木の中の虫でも探してるのかな?と思ったら

穴の大きさを広げてる・・・・。悪い予感・・・。(-"-;

そう、ここに巣を作ろうとしてたんです。

それにしてもあの小さなスズメの様な大きさの体で短時間の建設作業をやってのける

根性あるし、すこぶる器用なものです。

 

ただ今の状態は、子育て真っ最中。

たまに巣の中から顔を出します。↓

こげらあっぷ

うちの猫に見つからないように頑張ってひっそりしといておくれよ。

 

 

話は変わり、

もう6年以上前だったか、妻が知り合いのかたに花鉢を頂いてきまして。

で、その年は花を咲かせたんですが、次からは葉っぱのみ。

それからはポットの中に草が生えてたりで、ボロボロの状態だったんです。

妻は植物を育てるのが大の苦手。飽きるんでしょうか?

 

で、私が日本ミツバチ用のキンリョウヘンを育てるようになってから、

興味はなかったんですが、おなじ蘭の種類なら自分でも再生できるかも。と

鉢を変えて根っこ切って土入れ替えて立て直して2年目の今年。

復活

花を咲かせる事ができました。(^▽^)/

花の名前も種類もな〜んにも興味はないけれど、

よみがえらせる事ができるとうれしいもんです。

 

さて、よみがえると言えば、こちら↓

きズ

去年から治療を引きずってます。

 

ノミアレルギーを起こしていて、それが判明して以来、1ヶ月単位で

「フロントラインプラス」を使用してるんですが、

傷のかさぶたがはがれるまえに後ろ足で「カイカイカイカイ」して

また傷になる状態で。

ここだけは、体を曲げて後ろ足でひっかくから防ぐのが難しく。

「やるな。」言うてもやるので困ってます。で、

傷口パットを貼って犬用の服を着させるんですが、服もすぐ汚れるし不潔なので

このたび、服を新調しようと妻に買い物を頼むと、買ってきたのがコレ↓

あいあむどっぐ

「ごめん。これしかなかった(-"-; と妻は言うものの。

 

「I'm a DOG」はないわなぁ・・・。(-"-;

銀もかわいそうに・・・。

 

 

 

 

 

 

 

ねこだらけ生活

ねこ山のねこ comments(0) - ねこ山

うでのり

先日までは、レザーカービング作業時は、私の腕の上にしがみついて乗り

じゃまをしていた3.5キロの「えりまき銀」ですが、

1ヶ月経ってようやく背中の皮膚のかさぶたが自然にはがれだして

皮膚が再生して毛が生えてきたかな。と思ったら、

今度は後ろ足で肩をかきむしり、肩の皮膚がただれてしまいまして。。。

中国雑技団なみの猫や犬のすご技。(-"-;

 

「やるな!」言うてもやる。言うことをきかないのが猫の魅力というもので。。。

 

ふきげん

傷にきずあてパットを当てて、動物病院で頂いたネットを着させた上に

ダイソーで買ったワンコのM寸服を着させました。

自由を奪われ、彼女ははぶててます。(はぶてる=ぶーたれる=すねる)

皮膚の再生って時間かかりますねぇ。

徹底的に治すまで、一切外には出さないし、大好きな木登りもさせません。

 

で、近頃はますます私にベッタリで。

かたのりぎん

山に私が到着した途端からずっと「かさぶた」の様に背中にしがみついてます。

おそらく彼女にとって私は便利な乗り物なんでしょう。(-"-;

まあ、銀の長〜いしっぽが私の顔にヒタヒタと当たることに

なぜか喜びを感じる私なんですが。。。(^ ^;) (変態かもしれません(-"-; )

 

ひざのりぎん

ミツバチの巣箱の制作に取りかかろうとすると姉妹猫の「ぽん」がひざに乗ります。

モテモテ〜なのはうれしいのですが、おかげで作業がはかどりません。(-"-;

そんな私の山小屋作業生活なんですが。

 

ブルーベリーの木の最終剪定が終わってないので、天候が良くなり次第、

野外に出てやっておきたいのですが、外はまだまだ寒いですねぇ。。。

12月産まれでも寒いもんは寒い (・・;)

 

 

3年近く前にワークショップにて、

ちびっこたちでも簡単に作れるように開発した「卓上ペン立て」

ぺんたて

これも可愛いのでどねえかして製品化までたどり着けないか?

「ペン立て」でなくても「ペンケース」もしくは「ドリンクホルダー」

の形にまでできないか?とか思案してます。

 

他にも製品化までたどり着いてない作品がたくさんあるので

日々考えてます。

 

だーれのマネでも参考でもない作品を生み出すことってむつかしいねぇ。。。

でも、この自分を追いつめる苦しみが楽しいかも。(^ ^;)

 

 

そんな私の「ねこだらけ生活」

 

 

 

 

 

いつもの正月

ねこ山のねこ comments(0) - ねこ山

皆さまはお正月、

どうお過ごしでしたでしょうか?

はつひので

うちでは、去年見つけた初日の出穴場スポットにて今年の無病息災を願い、

ひとつめ

まずは、近所の神社にお参り。

そして二つ目にこれまた近所の神社にお参り。しーん。

ふたつめ

誰もいませんねぇ〜。1月1日だというのにすれ違うのは2〜3人のみ。

どこにいっても静かなお正月です。

これがまたしんみりとしていいんです。

境内の中で神様がごろり横になって「ひま〜。」言ってるような、そんな様子。

この神社では、お守りと干支の土鈴を購入します。

数に限りがあるので早くいかなければ得られません!

うちでは、あと7年通わないと12支揃わないんです。。。土鈴が目的なのか?(-"-;

 

親戚の接待があったので正月は2社参りのみで、

1月3日に最終目的の神社に行きました。

去年同様、防府市向島南側の「立岩稲荷神社」

私の車は4駆でオフロードタイヤなので神社まで直接行けるんですが、

そこはあえて細い山道をテクテクと歩いて行くんです。

周りからの鳥のさえずりを聴き、たくさんのお地蔵様の視線を感じながら、

お地蔵様に一つ一つお辞儀をしながら、とぼとぼ、テクテク20分くらい歩くんです。

 

んで、たどり着いたのが、このお社↓

たていわさま01

この時は神主さんがいらっしゃるので、ドンドンドン、シャラシャラシャラ〜。と

ご祈祷して頂いて、今年の新しいお札とお神酒を頂きます。

で、お接待がありますのでどうぞ。と言われるがままに接待場に行き

温かい「おしるこ」を頂きます。漬け物や数の子なんかもちょっと摘んで

毎年なのですっかり顔なじみになってしまった接待係の方とお話。

今年も「おしるこ」を頂きにやってきました。それが目的なのか。。。?(-"-;

 

なんでしょうね。好きなんです。この静かな雰囲気。

どこかの宗教にどっぷりはまっているという私たちではないんですが、

「しーん。」と静まり返った神社仏閣が妙に好きでして。(^▽^;)

 

たていわさま03

本当のご神体はこちらの岩の間にいらっしゃるんです。

大きな岩が切り立ってるんで昔から神秘的だったんでしょうね。

山からの道は、以前はとても遠くて2時間くらいの距離でしたので

海から船でお参りに来られる方も多かったみたいです。

結婚する前に一度、妻と弁当もって山からテクテクと歩いて訪れたことがあるので

ここは原点に返るなつかしい場所なんです。

あのころの妻は、まだ 素直で可愛かった。(-"-;

たていわさま02

海岸から沖正面に見えるのは「野島」

参考までに海から見ると、こちらが立岩様↓

海からの立岩

商売繁盛しますように!パンパン!!

 

 

目には見えないけど、いろんな所から私は見られている。

神様だけではなく、仏さんや亡くなられた先祖さんまでじーっと私を見てます。

怖いですが、そう思うと背筋が伸びます。こっそり変なことできませんね。(^ ^;)

 

 

「貧乏くじ引いたぁ〜。さっさと離婚しとけばよかったぁ〜。」なんて

ちょいちょい口にするうちの妻ですが、(・・;)

「でも、な〜んかあなたって先が楽しそうで気になる。」と

すっかりうちのねこ神様に洗脳されて信者になってしまっているうちの妻。

 

アホなやつじゃ〜。

昔、仏像を彫りたいと思ったことがあるが、

ねこ像でも掘って山畑にお社建ててお賽銭箱置いて

「おニャもり」とか「おニャくじ」とか作って売ろうか。

 

がっつり金儲け ( ̄ー ̄;

 

 

にゃんだとぉ〜!!

のりうつりねこ

 

「ねこ神様、お許しを〜。(TmT)ウゥゥ・・・ 」

 

 

 

 

師走の頃

ねこ山のねこ comments(0) - ねこ山

ジャンプ2

師走という時は、先生でなくても私の様なつまらんさくでも忙しいもので、

いろんなことをやり過ぎてる私は、

追加の仕事として週3日のバイトを入れたことに少し後悔している。。。

 

シフトは組んであるし、忙しくない時には助かるから辞める気持ちにまでは

まだ、とりあえずはなっていないけれど、

やはり、「ひずみ」が少しづつ出てきているのは確かで。(-"-;

時間が足りなくてそれぞれの仕事に集中できず、気になることばかりで

バイトの入ってない日は、

「ジャム作ってたと思ったら、革小物作ってたり、パソコン作業してたり

 山に行ったら剪定作業してたり」と、分単位で気移りばかりしている現状。

 

まあ、この気移り現象は、もともとの私の性質でもあるし、

この状態が私のベストな状態なんだと思うようにして、忙しくしている。

 

銀ちゃんの皮膚にアレルギー炎症が出たので、動物病院に通ったり、

自分がインフルエンザの予防接種受けにいったり、と

商売ではない忙しさも多々あり。

果樹のマルチ材として使う、もみ殻運びもしたいんだけど。。。

やりたいことがまだまだ、「いっぱいいっぱい」ある。。。

 

そうそう、この時間、

ここでブログの文字を打ち込んでる場合じゃないのは確か。(-"-;

 

 

※「つまらんさく」とは、

 山口弁で「ダメな人」「役に立たない人」みたいな意味です。

 「これじゃダメだ。こんなんじゃダメだ。」

 常に思うことが、わたしの「生き甲斐」(^ ^;) 

 

 

ところで

「今日も銀ちゃん、肌が赤くなってたから病院連れて行ったんよ。」

と私が言うと、妻の返事、

 

「えっ!いくらかかったん!?」

 

「そおじゃないだろぉ〜!」でした。

なぜ銀ちゃんを心配してくれんのか?  "(/へ\*)"))

 

女は現実的って言うけれど。。。 (TmT)ウゥゥ・・・

 

治療代稼ぎ、明日もバイト頑張ります。。。(-"-;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんまもんのねこ神様

ねこ山のねこ comments(0) - ねこ山

じつは、皆様に大変なお知らせがありまして。。。

 

ジャムのこと?

いえいえ、今度はレザークラフトのことなんです。

 

でもね。まだ言えないんです。

月末には報告できると思うんですが。。。

私にとって

「ビッグニュース」

なんです。

このことでかなり私、今までにない位にビビってます。(-"-;

 

おかげさまで

1月21日(日)10:00〜16:00の宇部空港でのイベント

Petit Marche vol.25 in 山口宇部空港

に向けてかなり焦ってます。(-"-;

 

 

 

それはさておき

 

ずいぶん肌寒い季節になってきましたねぇ。

ひんやりと冷たい空気の山畑、夜空に輝く満点の星空をふと見上げると、

なつかしいあの人に会いたくなってしまいます。

去年もコレ載せてたよ〜。って言わないでおくれ ▼(^▽^;)

 

 

ネコ神様01

ネコ神様02

ネコ神様03

ネコ神様04

ネコ神様05

 

今年は、応援してくださっている皆様のおかげで

私への頑張る勇気と希望、そして

たくさんの新たな良いお話を頂くことができました。

 

「ねこ山工房」にも「海の見える小さなベリー園」にも

もしかして、目には見えないほんまもんのねこ神様が光臨

されて来られているかもです。(・・;)

 

今までひ弱い私を支えてくださって頂いたお客様、そして

新たな流れを作って頂いたあなた様にはとても感謝致します。

 

ほんとうに心より「ありがとうございます。」

 

期待してご来店頂く皆様をがっかりさせないために頑張らなければ!!(・・;)

 

 

 

 

 

(ノ_-。) 残念な「ねこ山工房」

ねこ山のねこ comments(0) - ねこ山

最近ね、良いお話を頂く事が多いんです。

 

「ぜひうちに商品を〜」や

「ぜひうちの雑誌に掲載を〜」など。。。

 

でもね、

打ち合わせや取材でうちに来て頂く事ができないんです。

 

山に土地があって、ベリー園を作っていて、小屋も建っている。

で、そこを革細工をする工房にしている。

 

て聞いて、ふつうに光景を想像すると、

「美しいベリー園にログハウス」ですよね。

 

でも実際は、まったく違う(-"-;

山小屋

後ろのが私の「倉庫小屋」および「ねこ屋敷」および「ねこ山工房」なんです。

 

築20年は経ってまして、かなりシロアリに食われてる上に

毎日の高齢猫の失禁で古い動物園のように臭い。。。

こんなところにお客様に来て頂けないし、外にテーブルを出しても

とても雑誌に掲載できるほどのキレイな絵にはならないし。

 

ではパソコン仕事をしている自宅は?というと

いえのかぎ

義父にお借りしている我が家、こんな鍵ですからね。応接室なんてあるはずない。

まともな玄関もないんですから、郵便屋さんや宅配便屋さんもびっくり。

ジャム工房も小さな小屋ですし、お客様も呼べません。

だから、まともに人様にお見せできる「店」が欲しいんです。

小さくてもいいからかわいい店。

 

働かないオス

真ん中にいるハエみたいなこいつがいけないんですよね。

「働かないオス」。あっ、いえ。ダメなのは働きの足らない私でした(-"-; 

オス蜂、もう12月になろうかというのに、まだ生かされてるんです。

メス達に追い出されもせず、メスが一生懸命に命がけで集めてきた蜜を食べて

遊んでばかりいる「オス蜂」。

自分を見ているようで、見るとため息出ます。。。(-"-; 。

 

 

話は戻って (-"-; 

 

でもね、でもね、

 

山に土地はあるけれど、おかしなことに自分の持ち家ないし、

高級車も高級腕時計もお金もないし、山小屋あっても汚いけれど、

 

山畑の空気や風景はきれいなんですよ。

 

今は銀杏の収穫をした山畑のいちょうの樹が黄色に染まってます。

いちょうこうよう

 

今年になって20歳と15歳の高齢猫が2匹旅立ってしまいましたが、(ノ_-。)

他の4匹のねこ山畑の猫達ものんびりのびのび元気です。

ぎんといちょう

うちで一番年下の甘えっ子、

下の真ん中で木の枝に止まっている7才のメス「銀」、見えますか?

ミミズクみたいですが。

 

うめとぽん

「銀」と双子の体重5キロの巨漢メスねこ「ぽん」も木登りが好きで元気です。

 

私にとって、

家、土地、お金、高価なお宝、高級時計や高級車ではなく

人とは違うけど

 

とてもとても大切な

自慢できる宝物がある。

 

それが今の私の幸せです。(^▽^)

 

yuuyakeponn

ベリー園から見る夕焼けきれいでしょう〜。

心に染みる景色です。

 

そんな私の

 

「ねこ山工房」です。(^ ^)/

 

 

 

 

 

 

ぴんく2

8歳の「ピンク」もいるよ。

みみちゃん02

運が良ければ、ミミズク「みみちゃん」にも会える。(^ ^)

 

 

 

 

 

 

 

愛情の分割

ねこ山のねこ comments(0) - ねこ山
 どびん2
15歳のドビンちゃん。メス。
久しぶりに小屋の外に外出。
お気に入りだった場所を点々とまわり、ゴロンと転がる。
1時間くらいかけて回ってバケツの水を少しだけ飲んで、小屋に帰って来た。

どびん1

でも、その日はまったくねこ缶は食べなかった。

じーっと私を見つめる目。
何が言いたいんだろう?

体調が悪いと半年前からアピールしつづけてたけど、
行きつけの獣医さんは閉院してたし、
もう高齢だし内臓の手術は可哀想だと勝手な私の判断で病院へ連れて行かなかった事
あるいは、治療費にかかるお金の事を気にしていた私を恨んでいるのだろうか?

上の写真を撮影した次の日、
食欲のないドビンでも食べれそうなおいしそうなネコご飯を買って
早めに行ったけど。

すでに。

硬直状態。。。


彼女、苦しそうな顔をしたまま亡くなっていた。
それが私の頭に焼き付く傷口を開き倍に悲しくて。。。

「あの時ああしておけば良かった。ああすれば良かった。
 私がもう少し優しければ、まだ生きてくれていたはず。」


そんな言葉が私にはいつもいつまでもつきまとう。





2002年 防府市郷ケ崎漁港にて、魚を入れるトロ箱の中、
目も開いてない状態で捨てられていた子。
ドビン。
2017年8月7日 15歳で亡くなりました。
しっぽが長く、スラリとした頭のいい子で独りで夕日を眺めるのが好きでした。


どびんとうろこぐも
どびやくざ
どび変顔どびじゃきあにげない


彼女は幸せだっただろうか? そればかりが気になってしかたない。

私にとっての多頭飼いは、ただの自己満足であり、愛情の分割でしかないのかも。

とても心の冷たい私自身を振り返る。





 
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM