質問です!

日本みつばち - - ねこ山

夏毛になりほっそりとした姿で、二日に一度は現れるタヌ子です。

 

こんな澄んだ目で見つめられると、

すっかり心の汚れてしまった私は、代わりに山奥にこもりたくなってしまいます。(-"-;

 

ちかごろは

タヌキによるブルーベリー被害に深刻に悩んでますが、

網で周りを囲んでいても、ネコより少し大きなくらいのタヌキの身体は

その網の下の隙間から平気で入って来るし、

最近は、いつものタヌ子だけではなく、ちらほらと別の数匹の姿が見られます。

食べてるというよりも園内に入って荒らしているといった感じ。

でも堂々と私に寄って来て、ズボンの裾を口でつまんだりするのは

このタヌ子だけ。

 

自然の生き物に危害を与えたくはないので、

ブルーベリーの樹から遠ざけるためのセンサーで光と音をだして威嚇する機械を

買おうと思ってますが、数千円でもまた出費か・・・・。と気が落ちます。

 

 

 

こうして、人間も含め生き物と接触すれば色々とトラブル悩みを抱えてしまうもので

 

この世界の分野でも観察日誌をながめながら、「う〜〜〜〜ん。」と悩んでます。

 

巣箱の底にこんな不思議な建造物を造られてました。2週間前は無かったのに。

芸術的で美しいのだけど、こんなとこに作ってはいけません。

箱に固定されているが過去に巣落ちしてたのかも・・・と管理能力のなさに落胆。

群れが多いと、色々な状態の経験を積む事ができるのでとても勉強になってます。

巣落ちしたからといって逃居しない、

今まで日本ミツバチが逃げてしまったという経験のないうちの養蜂場です。

それは環境がとてもいいんだと思います。

 

先日、「おいでマルシェ」にて

小さなお子さんに問われた質問。

 

「どうして蜂を飼ってるんですか?」

 

に対して、私はまだ大人としての立派な答えをみつけていません。

日々考えてます。

 

(-"-; 頭悪いから、まだその答えがみつからない・・・。

 

「飼いたいから飼っている。」

なんていう、バカな答えを大人は言ってはいけない。と思うんです・・・。(-"-;

 

「蜂蜜を奪って売ってお金もうけ」

なんて、子どもの夢を壊すなんて返事はもっともしてはいけない応え。

 

はて? 私はどうして蜂を飼うようになってしまったのでしょう? (-"-;

 

 

 

※門の段に作られていた巣に残った蜂蜜を食べてみると

 それがまあ、とても香りも味も良くて、先日のテイカカズラ蜂蜜の様な香り。

 これこそ、自分が求めていた蜂蜜だ!という感。

 目指すものが見つかりました。

 いつかはコレを皆様に提供したい。それが夢です。目標です。

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM