見送り

日本みつばち - - ねこ山

どうすることもできず崩壊を見届けるしかない。

次々と亡くなっていく働き蜂達を見送るしかない。

そんな状況がある。

この時期でここまで群数が少なくなると、ほぼ回復の見込みなし。

女王さんが不在か衰弱と思われ、新たな女王が産まれでもしないかぎり無理。

どの巣も苦し紛れ?女王を作る行動の本能が出てきたのか?

巣の下に王台を作ろうとしている様子。

今年この状態に至ったのは6群

女王の弱い群れは生き残れない。

 

他の元気な群れは4〜6段まで拡大し

ブロック土台の下網から上方向にむけて5段巣箱の中の写真を撮ると

この状態なので、すでに上から5段目の下まで、つまり90センチは巣を伸ばしている。

 

このように女王様の状態によって天と地の差がある蜂の群れの勢い。

 

結局今年残りそうなのは、13群といったところでしょうか。

捕獲時に女王を傷つけたりしなかっただろうか?など

養蜂日誌をじっくり眺め、確実に安全な捕獲方法やその他の原因を毎日考えてます。

日々反省会と観察と勉強の繰り返し。

持ち群れが多いととても勉強になります。

 

日本ミツバチの養蜂、ふつうは定年退職した人が

ぼちぼち趣味としてはじめるようなものだけど

50代半ばから真剣に取りかかっている私は、70代で大ベテランとなることでしょう。

と、自分に期待してますが、この世界もずいぶんと奥が深そうで・・・

 

覚えるのも人より早いしとことん追求するけれど、

ある程度までたどり着くと飽きるのも早いこまった人。

ただ、この養蜂は私にとって立派な「仕事」なので、

クソジジイやタヌキジジイになっても続けていることでしょう。(^ ^;)

 

 

タヌキやミツバチにうつつをぬかしているので、

これから大量収穫となるはずのラビットアイの森は網がけもしないまま

混乱状態となってます。こまったもんで・・・。

 

 

ただ今ブラックベリーの収穫最盛期!

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM