週末は山口矯正展へ

イベント関連 comments(0) - ねこ山

きょうせい

1月12日土曜日は

防府市のスポーツセンター「ソルトアリーナ」にて行われた

「第25回山口矯正展」にひとり行って来ました。

 

興味があったんです。

刑務所に入られた方がどんな物を作られているのか?

「家具がスゴい」と聞いていたので、いやそれ以上に

ハンドメイドのスゴい物があるんじゃないか?

もしかして、レザークラフトとか・・・・。

なんて考えながら、ドワーと押し寄せている程のお客様の数では無いけれど

ジワジワと押し寄せる様な来場者の方々にまぎれ、

ピシッとしたスーツ姿の大勢の警備の方達のギラギラ視線を感じながら、

マスクして挙動不振な私はひとりでウロウロ。

ステージ上の可愛い女子大生さんのよさこい踊りさえも眺める事なく

会場内をひたすらウロウロウロウロ。(^▽^;)

 

気持ちはそれどころではなかったんです。

そう。 あったんです。(-"-;

やはり数々の素晴らしいレザークラフト作品

それを見るのに夢中でステージにはまったく気が行かず・・・。

 

「すごいなぁ〜。すごい。バックも小物も仕立てが上手い。上手すぎる。」

と落胆しながらウロウロしてたんです。

 

そりゃそうか・・・社会に出て生活できるくらいの手に職をつけるまでに

腕をみがいておられる作品は、ほんとうに素晴らしかった・・・。

まさに既製品・・・。

私の作品は?と考えると、それはまるで小学生の工作程度・・・。

 

私は革用ミシンを2台も持っているってのにまったく使えないのに、その作品の

ミシンを上手く使いこなした素晴らしい仕立てに愕然とするのでした。(ノω・、) ウゥ・・・

 

家具? そりゃもう、うわさ通り素晴らしいものばかり、仕上がりも美しく、

なかでも最も引かれたのは、純和風のタンス

4〜5万円するんですが、それなりのいやそれ以上の価値のある物で、

うちの家に空いた和室があれば無理して購入・・・と思うものの

6畳一間の貧乏我が家では置く場所も無く・・・。

良い家具でしたよ。ほんとに。

 

会場をウロウロとしたあげくにこの子に一目惚れ。↓

 

どあかね

将来お店ができたときに玄関に飾るベル。

自分の財布にあった「なけなしの3,100円」で購入しました。

これがまた、とても澄んだいい音がするんですよ。

作者の明るい人柄が現れたすばらしい〜!遊び心作品。大のお気に入りです。

 

 

家に帰って考えたんです。

さて?他の人にできなくて私には出来るものってなんだろう???

 

私は私、いまのままでいいんです。

多少、仕立てが雑であっても、それはそれ。

それがその作品の「味」というものではないか。

始めた頃の原点、私が目指したものは、

二つと同じ物はない民芸品の「手作り感」なんです。

既製品にはない「ねこ山工房」にしかない「手作り作品」

そこに愛情を感じて頂ければ、私はそれで幸せ。

 

私はそれでいいんだ。

そう思って帰宅したのでした。

さすがに私らしく、自分勝手な思い込み野郎でしょう〜。(^▽^;)

 

既製品にはないもの。

つまらないもの。

必要ないもの。

ムダな物・・・。(-"-;

 

まだまだ生み出していきますよ!(ノω・、)

 

新さいふ

「新型ネコ財布」です。 どう?既製品にはないでしょう〜?(^▽^;)

まだ試作段階と自分で使ってみての試用期間中です。

手縫い作業に異常な時間がかかるので数多くは作りません。

 

2月24日、防府天満宮に持参致します。見てみてね!(^▽^)/

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM