おかげさまで在庫なしとなりました!

ジャム comments(0) - ねこ山

皮をミキサーで砕いた簡単な方法ではなく、

手作業で丁寧に刻む本来の方法にこだわり、食感および香りにこだわり作った

「いよかんのマーマレード」ですが、

このたびのパン屋さんへの納品をもちまして、在庫なしとなります。

各産直店さんにはまだ在庫が多少あると思います。

試作・試作の努力のかいもあって、「美味しい。いい香り。」と評判を呼び

リピーター様より地道な人気を得まして、販売数も順調に伸びておりました。

 

来期は、妻も助手として手伝ってくれる予定ですので、

収穫から下ごしらえまでの余裕もでき、もう1ランクアップの

「いよかんマーマレード」をお届けできると思っております。

このたびは、本当にありがとうございました。

また、来期の今年12月末以降の販売の際はよろしくお願い致します。

 

いよかんまーま

 

「完全無農薬栽培いよかん」

 ですので安心マーマレードです!(^▽^)/

 

 

 

いろいろあります

ジャム comments(0) - ねこ山

ぶるー90

バイトの2017年の勤務も終了し、

さて今年最後のジャムを作って

来年からはじまるパン屋さんでの販売のための納品だ!

と、作ったものの瓶詰めの際に1個のジャムビンの口に1ミリのガラスの欠けを発見

最後にビンを煮沸したお湯をこして小さなガラスのかけらがみつかったものの

少し大きさが足らない。。。

 

どよ〜ん。と落ち込みました。

 

見つからなければ、どのビンにガラスのかけらが入っているか解らない。

ということは、その時に作ったジャムはすべて処分。(-"-;

 

これが落ち込み凹むんですよ。とても。。。

 

翌日、再び新たにブルーベリージャムを作って瓶詰めをし、

ラベルを貼って、「さあ!今年最後の納品だ!!」

と、車でパン屋さんへ運ぶ途中、信号前で前の車が急停車。

私も急ブレーキ。

 

結果、後ろの席に積んでおいたジャムが、ガシャ!と床に落ちて

お店に到着して箱のふたを開けて唖然。。。( ̄Д ̄;;

われびん

まだ少し温もりの残っていたブルーベリージャムが割れている。。。。

 

再びそりゃないよ。

 どよ〜ん。と落ち込みました。(-"-;

 

 

結果、お店にお詫びして、納品は翌日にして頂きました。

世の中、良いことばかりではありませんね。

ちょっと続いた不幸なこと。。。

私はこのままこの年を終えていいのでしょうか?

なんかさみしい。(-"-;

 

まあ、その夜は、バイト先の部署だけの忘年会があって、

つい飲み過ぎ、少しハメを外してしまったんですけどね。(^ ^;)

メンバーのみなさん5名で私が一番若いんですが、

みんな良い人でつい盛り上がってしまいまして。(^ ^;)

忘年会なんて何十年ぶり、何時に家に帰ったのか覚えていない???

飲み会自体ない孤独な生活でしたので、とても楽しかったです。

 

 

話は戻り人気のパン屋さんでのジャムの販売、来年が楽しみです!!

 

そうそう、そのぱん屋さんとは、

防府市スポーツセンター東横のレトロ風な外観のパン屋さん

「ぱんの平井屋藤兵衛」さんです!!

日本ミツバチのハチミツも販売させて頂く予定です。

 

あっ!そうそう。

「第6回徳山あちこちマルシェ」に出店申し込みしました。

申し込みを受けて頂ければいいけれど。。。

来年の2月末ころの月曜日だったと思います。

今度は、革小物とジャムの両方で行う予定です。

パンスイーツだけじゃなくハンドメイド物も集まるとなると、

壮大なマルシェとなりそうですね。楽しみです。

ノロウイルスの流行る時期なので、ジャムの試食はしない予定です。

また決まったらご連絡致しますね。

 

 

 

 

 

言葉はむつかしい

ジャム comments(0) - ねこ山

ぽっぷ

お店に置いて頂くのにどのような状態に置いて頂ければ良いか。

お店側の邪魔になる存在であってはいけないし、

でも、さりげなくアピールしなければ、商品は売れないし、

売れなければ、それこそ、置いて頂くお店に迷惑をかけることになる。

追加のお店が増えてきたので、これまでの自分を反省し、

ポップの内容も考え直した。

 

「虫も住める環境づくりに努める果樹園?」

 

なんじゃそりゃ? 

要するに「無農薬」ということ。(-。−;)

 

だってさ「無農薬」「有機」「オーガニック」という表記は

有機JASマークを取得してないと使ってはいけないらしいし、

この有機JAS認定を取るにはそれなりのお金がかかるわけで、

しかもお隣りさんは農薬を使っているか?ならば、飛散防止対策をしているか?

などなど、その他厳しい審査があるそうで、

おまけに来て頂く審査員の交通費まで払う必要があるらしい。(-"-;

私は、そこまでかまってられないわけでして。

でも、

「商品を説明するパンフレット・チラシ広告・インターネット上での表示については、

 規制の対象にならない」

らしいんよ。ならば、これも

商品を説明するポップだから、無農薬表示していいんじゃないの?

とは思うけど、

専門的なことはよくわからないし、トラブルは避けたいので

 

「虫も住める環境づくりに努める果樹園」なんて

微妙な回りくどい言い方にしてるわけでして。。。

 

で、夜になってこの状態を妻に見せると

 

「えっ、このジャム、虫が入ってるの?

 気持ち悪〜い。」

な〜んて言う人がいるかもね。

 

「はぁ〜ぁ???( ̄Д ̄;;何でだよ。。。

 

解釈の意味がぜんぜん違ってるけど、確かに虫大嫌いな人が読むと

ベリー園がウジャウジャ虫だらけなのを想像して(-"-;

そんな風にひねくって考えるかもしれない。。。

 

たしかに。。。(-"-; と、

 

作り変えてこちらでいくことにしました。↓

ぽp2

 

「蜜蜂も住める環境づくりに努める果樹園」

 

 

う〜ん。。。まわりくどい (-"-;

 

小さいことで悩んでます。

ポイントを濃いオレンジ色にしたけれど、

そういえば、オレンジ色の文字はお年寄りには見えにくいと聞いたことがあるし。。

 

 

ところで、

卵を2個食べても叱られないから、妻が留守のときは楽園です。

 

 

 

 

古い頑固者たち

ジャム comments(0) - ねこ山

月曜朝までに提出しないといけないパソコン仕事があったので

やむを得ず、少量のジャム作りをジャム工房を始めてから

3年目にしてはじめて妻に任せてみたが、

 

「何で水入れたん?」

「だって私のレシピ本に書いてあるもん。」

 

「何でそんなにグラニュー糖入れるん?」

「だって本には70%って書いてあるし。」

 

彼女の大切にしている本ってのは1990年に発行された料理の本。

 

「何で弱火なん?」

「だって私はそうやってきたもん。」

 

「何言ってるの?ジャムづくりは強火でササッ!と仕上げないと

 色も香りも悪くなるじゃん!もういいや、好きにしなさい。」

 

と、そんな喧嘩になりました。

私とまったく考え方の噛み合ない人なんだ。

古いレシピ本が神様だと思っている頭の固い妻は困る。

常に新しいやり方を追求しなければ進歩はない!(`ヘ´#)

 

売り物にはしません。

 

結果、

「なんで苦みが強く出たんだろう。。。」と

私と同じところでつまずいて落ち込む妻の姿に

同情の気持ちがわいてきました。(^▽^;)

 

私たちがただいま何を追求しているかは、内緒。(^▽^;)

 

 

 

 

 

新しく追加!

ジャム comments(0) - ねこ山

来年1月に防府市でのパン屋さんに置いていただけるジャムたちですが、

それよりも先に急遽、置いていただける新たな場所が生まれました!!

 

山口県宇部市あすとぴあ2-1-1

ブルーウェーブテクノロジー株式会社に併設のレストラン

サザナミ ファクトリー キッチンさんです!!

 

オリジナルでLED照明器具を開発製造されている会社の社食と言われてますが

社食というより、ほぼレストラン。

基本的には社食という名目で、月曜日から金曜日のみの開店なのが残念、

平日に出かけられるかたはぜひ!行ってらっしゃってくださいませ!

金曜日に行きましたが、一般のお客様がとても多くいらっしゃっていて、

お昼時間前からほぼ満席状態で、人気のレストランでした。

あすとぴあの中をグルグル回るので

カーナビの住所検索でないとたどり着けませんけどね。(^▽^;)

各料理の味は、とても繊細でほ〜んと

「おいしかったぁ〜!」でしたよ。

 

みなさま、ぜひ!どうぞ!

 

いつか店が作れる日が来たら、外から内装まで照明をすべてお願いしたい。。。

 

会社見学をさせて頂きましたが、

とてもこだわりとポリシーをもたれた素晴らしい会社です。(^ ^)

 

そうそう、そのレストラン置いていただけることになったんです!

 

新ラベル90

まずは、この4種類の90グラム入りです。

うちの紹介のポップを急いで作らなければ。。。。(・・;)

 

最近私、あちこちの分野で忙しくなりまして。。。

ありがたいことです。"(/へ\*)"))ウゥ、ヒック 感謝です。。。

 

 

ぎん2

 

 

 

 

もとどおり

ジャム comments(0) - ねこ山

新ラベル90

90グラム入りの瓶も加わり、ラベルも一新しました!!

 

えっ?

どこが?

 

 

ラベルデザインをいろいろ考えてみたんですが、結局もとに戻りまして。(-。−;)

 

「各フルーツの写真をアップで掲載し、魅力的に見えるように。」と作ってみて

他の商品はとても良かったんですが、メインメンバーのコレだけは、↓

新古ラベル

ブラックベリーの果実をアップって、なんか暗い。。。(-"-;

お客様より「キャビアですか?」と聞かれる事がありまして、

もとの明るいデザインに戻しました。(-。−;) 書体だけ変えてますが。

 

先日、宇部市の常盤公園でお買い求めのお客様

申し訳ありません。

中身は一緒ですので気にしないでくださいね。

 

「アップルキウイジャム」「梅ジャム」は在庫ゼロとなりました。

皆様ありがとうございました。

今年新たに出した無農薬完熟梅で作った「梅ジャム」は好評だったです。

あとは、「ふれあいステーションDAIDO」さんと

宇部市の「KURUMILK」さんのところのが今年の最後です。

 

現在の出品は上の写真の4種類ですが、いよかんが色づく今月終わりまでには、

今年も再び、当ベリー園にて無農薬で育てているいよかん

「いよかんのマーマレード」作ります!

このあたりで無農薬柑橘のジャムはない!と言っても過言ではないでしょう〜。

産直店には先に出品しますが、試食販売は

1月21日(日)の宇部空港でのイベントにて顔見せとなります。

 

 

さて、「なぜに90グラム入りを出したのか?」と言うと、

試食販売が終わった後、うちの冷蔵庫は各種のジャムのふたを開けた残りが

ずらりと並ぶわけでして。。。(-。−;)

そうすると、二人暮らしでは当然なかなか消費できない。

日替わりで違うジャムを食べ比べ出きるのは楽しいんですが、

それでも容量が多いとなかなか消費できなくて。。。

世の中、そんな人もいるよねぇ〜と。

そこで、価格もお手頃価格に押さえられる小ビンのジャムを新しく出したんです。

中身はまったく変わりません。(^▽^;)

 

お手頃価格ですので、どこかの店舗で見つけられた際は、

皆様お気軽にお買い求めくださいませ。

今まで食べた事がないけど500円越える金額ではちょっと手が出せないと

ちゅうちょされていたお客様でも購入して試して頂けるかな。そんな思いです。

配合比率的には、大小どちらも損がない様な価格設定にしております。

 

よろしくお願いいたします。(^▽^)/

 

 

ところで

なぜ、「無農薬に徹する!」のかと言うと、

 

皆様の健康を願って、妻の長寿を願って

と言っておきましょう〜。(^ ^;)

 

本当は、

私が「ずぼら」なだけなんですね。へへへ〜( ̄ー ̄;

 

 

無農薬果樹栽培のコツを正直言うと

致命的でない少々の樹の痛みは気にしないこと。

果実の見た目がきれいでなくても気にしないこと。

 

とにかく、

「風通しを良くするための剪定」に徹するのが一番です。

有機質肥料のみで土が元気だと樹も元気

元気のない樹には美味しい果実はできません。

だから、「ずぼら」でも大丈夫なんですよ。(^ ^)

 

 

 

 

 

 

新たに

ジャム comments(0) - ねこ山

まだ黙っておこうと思ったのですが、

やはり、とてもうれしくてちょっとだけお話させて下さい。

 

じつは、来年からまたひとつの店舗にうちのジャムを置いて頂けるかも。

 

なんです。

ごくごく身近な人気のお店。家からも近く、ほんとに人気のパン屋さんなので

お話を頂いたときは、「夢」の様な飛び上がる様な気持ちでした。

この機会に今までのビン容器を再検討してます。

もしかするとラベルも変更するかも。

 

人気のアップルキウイジャムは、その新しいビンにて販売いたします!

(じつは。今年初のアップルキウイジャム製作中、鍋底に焦がしてしまい、

 悲しい事に大量処分してしまい落ち込んでます。)

 

現在、うちのジャムを置いて頂いている店舗は

 

山陽小野田市ドイツ菓子の「ティーゲベック」さん。

宇部市中村の洋菓子店「クルミルク」さん。

防府市台道の「ふれあいステーションDAIDO」さん。

防府市中央町の「JAとれたて満菜」さん。

防府市東松崎町の「スマイルほうふ」さん。

 

の5店舗さんです。

 

正式に置いて頂ける状態になったら

でっかく発表します!!

 

楽しみです!!!(^▽^)/

 

 

話は変わり、

12日の日曜日に義父やおばさん達と5人で妻のポルシェに乗って

(×ポルテでした)長門峡に行ってきまして、

道の駅側ではなく、長門峡の萩側の方に直接行くのですが、

お食事処で「鮎の塩焼き定食」を食べるのがうちの毎年の秋の恒例です。

もちろん私のおごり、ではなく義父のおごり(^▽^;)

帰りは萩方向へ抜けるのですが、道筋の渓谷がとてもキレイな場所なんです。

 

でね、何が言いたいかというと

野外で「はちみつ」を売られていたかたがいらっしゃったんですが、

なんと!「日本みつばち」の「ハチミツ」だったんです。

ウニのビンに入れて1000円。

思わず声をおかけしました。

一般の養蜂家は、周りを見ても蜂の数ほどたくさんいるけれど、

日本ミツバチを飼われている方には滅多にお会いできないし。

聞くと、飼育群はなんと!20群。うちはたったの3群 (・・;)

 

どんな場所へ待ち箱を置けば確率が上がるか、場所や方角、

どうすれば、販売できる品質のハチミツを採取できるかなど

とても親切に教えて頂けました。

家族が一緒でなければ、1時間でも2時間でもお話を伺いたかったのですが

ざんねん。後ろ髪引かれる思いで帰りましたが、

また、お会いして勉強させてもらいたい。。。

また来週ひとりで行こうか。。。(・・)

 

来年の捕獲頑張って、群れの数を増やしたいと強く思う私です。

私もその辺の養蜂家がやってない「日本みつばちのハチミツ」

いつかは本物の「百花蜜」を販売したい。

そんな強い思いです。

 

はちみつ冷蔵庫

↑こちらは現在のはちみつ冷蔵庫の状態。

「日本ミツバチのハチミツ」13キロくらいあるでしょうか。

こうして溜め込むのも楽しいという悪い私の性質。(-"-;

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM